TOP > JUASアカデミーを探す > <緊急開催>サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)概要のご紹介

<緊急開催>サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)概要のご紹介 (3819007)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

JUASアカデミー:<緊急開催>サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)概要のご紹介

日時

2019年6月17日(月) 15:30~17:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

経済産業省 商務情報政策局サイバーセキュリティ課 課長補佐 加畑 晶規(かはた あきのり)氏 

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

JUAS会員企業の皆様特論

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※JUASアカデミーはITC実践力ポイント対象セミナーではありません。

お申し込み

主な内容

経済産業省において今年4月、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(CPSF)」
が公表されました。

日本が提唱する、サイバー空間とフィジカル空間との高度な融合の概念のもと、
「価値創造過程(バリュークリエイションプロセス)※」全体におけるセキュリティ対応指針として、
2回のパブリックコメントや有識者の意見、国際規格との整合を踏まえた議論を経て
本フレームワーク(CPSF)は策定されました。

また、本フレームワークで示された「データの信頼性」は、
今年6月に日本で開催される「G20」のデジタル経済部分にかかる主要テーマの1つである
「DFFT(データ・フリー・フロー・ウィズ・トラスト:信頼性のある自由なデータ流通)」
とも切り離せないテーマとなっています。

今回はこのCPSFの作成の背景や概要、意義・ポイントについてご紹介いただきます。

※「価値創造過程(バリュークリエイションプロセス)」:
経済的発展と社会的課題の解決を両立する超スマート社会「Society5.0」と、
様々なつながりによって新たな付加価値を創出する「Connected Industries」
における新たな形のサプライチェーンのこと
お申し込み
トップページへ戻る