TOP > オープンセミナーを探す > 新人・配転者にもおススメ! イチから始めるシステム運用

満員

新人・配転者にもおススメ! イチから始めるシステム運用 (4114016)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

新人・配転者にもおススメ!
イチから始めるシステム運用

システムの運用設計・運用(実行)・運用管理のフェーズに分け、「技術」と「仕事」の両側面から知識を得ます。

日時

2014年6月18日(水) 10:00-18:00

カテゴリー

IS運用専門スキル

講師

藤原達哉 氏
(株式会社ビーエスピーソリューションズ 代表取締役社長 )
国産汎用機メーカーでの開発業務、ユーザ企業に転職し、運用現場を経験。その後、パッケージベンダにて、製品の企画・販売・サポート業務、SIerなどの企業に在籍。また、起業の経験もあり、様々な立場でITサービスにかかわってきた。 株式会社ビーエスピーソリューションズにおいて2003年当初からITIL(R)関連のビジネスに携わり、立ち上げから従事。ITサービスにおける「提供者」側と、「顧客・利用者」側の双方の立場で業務を遂行した経験を活かし、お客様のビジネスに貢献するための、ITサービスマネジメントの実現に向けて活動している。2012年取締役、2017年4月より現職。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(井門堀留ビル)

対象

・新たに運用業務に携わる方(新人・配転者の方)
・運用を改めて体系的に学びたい方
・運用人材の教育を担当されている方
初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

24名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9207

ITCA認定時間

7

お申し込み

主な内容

企業におけるIT推進は社内業務の効率化のためだけではなく、企業のビジネス競争や顧客獲得のためにも重要な位置付けにあります。特に情報システムを支えるシステム運用については、社会的影響の大きさによっては、企業存続に影響を与える事にもなり得ます。本セミナーでは、システムの運用設計・運用(実行)・運用管理のフェーズに分け、「技術」と「仕事」の両側面から知識を得ます。

<<目的(ねらい)>>

1.システム運用の目的を理解し、企業経営との関わりを理解する。 
2.システム運用の役割と機能を体系的に理解し、品質の向上と生産性の高い行動ができる能力を強化する。 
3.仕事に必要な対人関係能力を啓発する。

<<特徴>>

・講義・実習・討議を通じてアドバイスを受けながら学びます。 
・システム運用に現場で発生するさまざまな課題や問題など、実際のビジネスシーンを想定したシミュレーション実習を行ないます。

<<内容>>

<タイムスケジュール>

 10:00~12:00  講義:システム運用概論 
 12:00~13:00  昼 食 
 13:00~14:00  ワークショップ:システム運用の活動 
 14:00~17:00  講義:システム運用の技術 
 17:00~17:45  ワークショップ:障害発生時の対応(ケース討議) 
 17:45~18:00  まとめ

<目次>
第1部 ビジネスに貢献するITサービス

1.企業と情報システム 
 1-1.情報システム部門の役割 
 1-2.企業とシステム環境 
 1-3.システム運用部門と情報処理 
2.システム運用の価値 
 2-1.ITを取り巻く環境変化 
 2-2.ITサービスとは 
3.システム運用の業務 
 3-1.システム運用管理 
 3-2.業務運用 
 3-3.インフラ運用 
 3-4.システムオペレーション 
 3-5.サービスデスク(ヘルプデスク) 
4.システム運用の作業分類 
 (1)管理業務 
 (2)ルーチン業務 
 (3)プロセス系業務 
 (4)プロジェクト系業務 
5.システム・サービスの評価 
 ・システム運用から見たシステムの評価 
6.システム運用の関連知識 
 6-1.情報システムの基礎知識 
 6-2.ITインフラの基礎知識

第2部 システム運用の技術

1.システム運用の歴史と技術動向 
 1-1.システム運用の歴史 
 1-2.メインフレームとオープン系 
 1-3.技術動向 
2.システム運用設計の技術 
 2-1.要件定義(事業関係管理) 
 2-2.機能要件と非機能要件 
 2-3.業務運用設計 
 2-4.プロセス設計 
3.システム運用の技術 
 3-1.自動化 
 3-2.帳票管理 
 3-3.データベース 
 3-4.資産管理 
 3-5.インフラ導入、保守 
 3-6.システム稼働監視 
 3-7.ログ管理 
 3-8.仮想化技術、クラウド 
4.ITSMツール 
 4-1.ITSMツールとは 
 4-2.活用の実際 
5.運用管理の技術 
 5-1.サービス計画立案 
 5-2.パフォーマンス・キャパシティ管理 
 5-3.バックアップ、リカバリ、復旧計画 
 5-4.危機管理、災害対策

お申し込み
トップページへ戻る