TOP > オープンセミナーを探す > クラウドサービスを導入するための入門セミナー

クラウドサービスを導入するための入門セミナー (4114126)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

クラウドサービスを導入するための入門セミナー
~クラウドサービス導入計画立案、評価、検証の勘所とパブリッククラウド選定のノウハウ

本セミナーでは、クラウドサービスの導入にあたってのシナリオの描き方から、評価・検証のポイントについて、学んでまいります。クラウドの全般的な特徴を捉えることに主眼を置き、ベンダー選びのベースとなる幅広い知識についても取り上げます。また、実体験をしていただくためのハンズオンも行います。どのクラウドサービスが良いかをご自分自身で考えたい方はぜひご参加下さい。

日時

2014年9月24日(水) 10:00-17:00

カテゴリー

IT基盤構築・維持・管理専門スキル

講師

吉田雄哉 氏
(社団法人クラウド利用促進機構 総合アドバイザー )
過去に受託開発、製造業情報システム部門、SaaSベンチャー、企業向けアドバイザーに従事。
現在は日本マイクロソフトにてクラウドソリューションアーキテクトとして活動中。
また、クラウド利用促進機構の総合アドバイザーとして、全国的にクラウドに関するセミナーや講演、執筆などを通じ、多くの企業へ経営者・技術者を問わずクラウド活用を伝える活動も行っている。
 

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(井門堀留ビル)

対象

これからクラウドサービスの導入を考えていらっしゃる方
クラウドを活用した情報化推進や企業経営について基礎からしっかり学びたい方
実際にクラウドを使ってみたがどのような点に留意して選べば良いか分からなかった方
初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

特記

お二人に1台のPCを用意いたしますが(電子メールアドレスをお持ちください)、
お一人での実習を希望される場合は、下記の条件を満たしたPCをお持ちください。
 ・その場で電子メールの送受信ができること
 ・GoogleChromeをインストールしてあること

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9216

ITCA認定時間

6

主な内容

クラウドサービスの導入にあたっては、正しい導入計画の立案が必須になります。「導入計画」とは、「導入シナリオ」ということもできます。「導入シナリオ」とは、何がしたいのか、導入後のあるべき姿を描くことです。

本セミナーでは、クラウドサービスの導入にあたってのシナリオの描き方から、評価・検証のポイントについて、学んでまいります。クラウドの全般的な特徴を捉えることに主眼を置き、ベンダー選びのベースとなる幅広い知識についても取り上げます。また、実体験をしていただくためのハンズオンも行います。どのクラウドサービスが良いかをご自分自身で考えたい方はぜひご参加下さい。


<<研修の狙い>>
・概論: パブリッククラウドの状況と導入時のポイントを把握
・IaaS: IaaSで可能なことを体感し、かつ一通りのフローを学ぶ
・PaaS: 教養として最近のWeb開発を体験
・まとめ: クラウド時代だからこその知識と、ここまでの体験を振り返る

第1部 パブリッククラウド概論
 ・クラウドの現状
 ・クラウドの特徴の理解
 ・クラウド利活用の勘所
 ・クラウドを活かすシナリオの構築

第2部 IaaSハンズオン
 1. IaaSの基本機能解説
 2. 費用感算出
 3. サーバ構築・設定
 4. 振り返り、安全性を高める基礎知識の解説

第3部 PaaSハンズオン
 1. WebIDEのアカウント作成
 2. PaaS「Heroku」のアカウント作成
 3. 簡易アプリケーションをPaaSで稼働させてみる
 4. 業務系PaaSの世界

第4部 まとめ
 1. クラウド時代のベンダーロックイン
 2. クラウド環境におけるリスクと対策
 3. クラウドを活かすシナリオの構築(再び)

トップページへ戻る