TOP > オープンセミナーを探す > 中国とのIT取引の法的リスクと関連法務入門

中国とのIT取引の法的リスクと関連法務入門 (4114132)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本セミナーは、中国企業とのIT関連取引に関する法的リスクと法律知識の入門コースです。中国企業との様々な取引場面における法的問題を取り上げ、最低限押さえておきたいポイントを解説します。

日時

2014年7月14日(月) 10:00-16:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

角田邦洋 氏
(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業  弁護士 )
田畑千絵 氏
(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士 )

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(井門堀留ビル)

対象

以下の取引を担当しているプロジェクトマネージャー、担当者
・中国企業へのソフトウェア開発の委託(オフショア開発)
・中国国内の事業所によるソフトウェアの調達
・中国企業とのIT関連の共同事業
・中国企業へのソフトの販売、開発の受託
初級

開催形式

講義

定員

24名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9186

ITCA認定時間

5

主な内容

本セミナーは、中国企業とのIT関連取引に関する法的リスクと法律知識の入門コースです。中国企業との様々な取引場面における法的問題を取り上げ、最低限押さえておきたいポイントを解説します。 

<<内容>> ※内容は変更する場合がございます。
第1部 中国IT取引における法律上の落とし穴  1.法規制、適用法の概略
  ・ライセンス規制(中国契約法、中国技術輸出入管理条例等)
  ・輸出入規制(外為法、中国輸出入管理条例等)
  ・営業秘密の管理(中国反不正当競争法、中国労働法)
  ・IT関連法(コンピューターソフトウェア保護条例等)
  ・PE TAXの考え方
  ・中国からの海外送金にかかる規制(中国技術輸出入管理条例等)

第2部 契約上の手当て−リスクの把握とその対応−
1.国際取引における契約の意義
  ・国際取引と契約 
  ・中国の強行規定と契約の関係
 2.具体例に基づくリスクの把握
  ・損害賠償請求が認められるための要件−損害の範囲、責任の範囲等
  ・紛争処理を契約相手方に委ねることのリスク
3.契約条項案の検討
  ・ライセンサーの保証義務
  ・秘密情報の流出防止
  ・紛争処理(裁判と仲裁)
  ・その他ライセンス契約にかかる基本的条項

トップページへ戻る