TOP > オープンセミナーを探す > アジャイル方式導入の勘所とシステム開発事例

アジャイル方式導入の勘所とシステム開発事例 (4114181)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

激しい環境変化に追いつくシステム開発の迅速性が要求されています。アジャイル(Agile)方式でシステムを開発することは、早期のシステム稼働にとって有効な方法論と言われています。
しかし、日本では全プロジェクト中、Agile方式で開発されるプロジェクトは多くはありません。実際、Agile開発を成功させるためには、高い技術力や強いリーダーシップが必要であり、ユーザー企業では敷居が高いことも事実です。
そこで、取り組みやすいアジャイル方式の導入方法と先進企業の事例をご発表いただきます。

開催日時

2015年2月24日(火) 10:00~17:00

カテゴリー

IS導入(構築)・IS保守専門スキル

講師

英繁雄 氏
(株式会社 日立ソリューションズ 担当部長 )
塩田宏治 氏
(株式会社クリエビジョン  代表取締役 一般社団法人IIBA日本支部 研究担当理事 )

NTTデータを経て、ソニーグループにおいて多くのグルーバル大規模業務改革プロジェクトを推進。現在に至る。



志田一茂 氏
(株式会社リクルートテクノロジーズ  執行役員 )

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

一般企業、情報子会社の情報システムの企画・設計・品質管理・調達担当者 アジャイル開発の基本概念・用語を理解された方で導入を考えている方中級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9259

ITCA認定時間

6

 

主な内容

◆主な研修内容:
第1部 目的に合わせたアジャイルプロセスの適用     10:00-12:00
英 繁雄(はなぶさ しげお)氏
株式会社 日立ソリューションズ 技術統括本部 技術開発本部 生産技術センタ 担当部長
 
アジャイルプロセスに期待する理由は、開発するシステムによって様々です。例えば、BtoC型のサービスを開発する場合は、段階的な早期リリースや変更への迅速な対応を目的として挙げる人が多いと思います。しかし、現行の社内基幹システムの老朽化に伴い数年後にシステムの再構築を行うような場合、段階的な早期リリースは必要ないわけであり、期限までに利用者満足度の高いシステムを安く確実に完成させることを目的とすると思います。

次に内製か委託開発かという開発体制によっても、プロセスは大きく変わります。委託開発の場合、特に「契約」と「品質保証」が課題となり アジャイルプロセスの適用を諦めていませんでしょうか? 私は、以前は諦めていました。
アジャイルプロセスには、「品質(Quality)向上」「価格(Cost)低減」「納期(Delivery/Time)短縮」、もう一つ追加しておきたいのが「利用者満足度(Satisfaction)向上」が期待できる素晴らしいいくつかの手法(プラクティス)が、たくさんあります。

以上のように、開発するシステムの特徴や体制の違いにより、 開発プロセスの改善目的も異なるはずです。アジャイルプロセスの適用を目的としているわけではなく、プロジェクトの特徴に合わせて、最適な開発プロセスとプラクティスの選択を行い、プロジェクトを成功させることを目的としています。

1 開発モデルの選択
 アジャイルプロセスの概要解説とエンタープライズシステム開発において日本のソフトウェア開発の特徴とともに解説します。

2 開発プロセスの作り方
 企業でアジャイルプロセスを導入するための参考となる手順を紹介します。

3 プロジェクト計画の進め方
 アジャイルプロセスを適用するプロジェクト管理の方法とプラクティスの選択を行うプロジェクト計画の進め方を紹介します。

4 アジャイルプロセスの適用事例
 エンタープライズシステム開発を受託開発した場合のハイブリッドアジャイルで実践した事例を紹介します。


           (昼食12:00-12:50)


第2部 アジャイル開発を成功に導くための要求開発の進め方   12:50-14:50
塩田 宏治(しおた こうじ)氏  株式会社クリエビジョン 代表取締役 一般社団法人IIBA日本支部 研究担当理事

アジャイルなプロジェクト運営において、開発のプロセスをアジャイルにするだけでは、現実はうまくいきません。ソフトウェア開発のマネジメントサイクルと連動して、要求を開発しマネジメントするサイクルもアジャイルなプロセスへ適用させる必要があります。

1 要求開発の本質
 要求開発がなぜうまくいかないか、その本質は何であるかについて解説します。

2 アジャイルなソフトウェア開発プロセスと要求開発プロセス
 アジャイルでよく見かけるプロセスは開発をデリバリーするチーム目線のものが多く、これと並行して要求開発のプロセスが背後に存在していることを紹介します。

3 要求開発及びプロジェクトマネジメントフレームワークとの統合
 アジャイルでよく紹介される手法も、要求開発のフレームワークとしてのBABOK(Business Analysis Body of Knowledge)、ポートフォリオマネジメントやプログラムマネジメント、アーキテクチャマネジメントの概念を通して見ると、より深い理解が得られます。特に大中規模の開発プロジェクトをアジャイルで現実の組織において運営するには、こうした理解がより重要になります。

4 アジャイル要求開発の基本手順
 アジャイル要求開発の具体的な手順を解説します。

5.アジャイル要求開発を成功させるTips(勘所)
 アジャイルな要求開発を現場で成功させるために必要なことを、アジャイルなアプローチ固有の視点及び要求開発原則の視点から解説します。


第3部 リクルートにおけるアジャイル方式によるシステム開発事例と評価   15:00-17:00
志田 一茂(しだ かずしげ)  株式会社リクルートテクノロジーズ 執行役員
 
トップページへ戻る