TOP > オープンセミナーを探す > データ活用と意思決定・ビジネスへの活かし方事例研究

データ活用と意思決定・ビジネスへの活かし方事例研究 (4114208)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

民間先進企業のデータ利活用について、成功・失敗事例、仕掛け・仕組み、インフラ、教育、組織・態勢、分析手法などさまざまな角度から、事例をご発表いただきます。

日時

2015年3月20日(金) 10:00-17:00

カテゴリー

IS活用専門スキル

講師

大路延憲 氏
(元 花王株式会社CIO )
池本洋信 氏
(SAS Institute Japan株式会社 ソリューションコンサルティング第一本部 Information Management & Analyticsグループセールスサポートチーム 担当部長 )
宮田 洋 氏
(遠州鉄道株式会社  取締役 経営企画部長 )

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

一般企業の情報システム部門、情報子会社においてデータ活用施策を考えている方中級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9263

ITCA認定時間

6

主な内容

第1部 SCMとマーケティングについての情報化事例 10:00-12:00
大路 延憲氏
元 花王株式会社 理事(情報統括担当) 

1)3つのM 

2)SCMの構築と販売予測等の事例        
・SCMの考え方                       
・通常品の予測(時系列の活用)     
・新製品の予測(業務パターンのモデル化)
・在庫設計論 
・コスト評価

3)データ活用の研修事例紹介 

(昼食12:00-12:50)


第2部 データ活用文化の定着化について  12:50-14:50
池本 洋信 氏
SAS Institute Japan株式会社  ソリューションコンサルティング第一本部 
Information Management & Analyticsグループ セールスサポートチーム 担当部長

・データ活用のトレンド -何に使うか?
 -分析・活用事例をいくつか紹介
・データ活用の勘所
  -データ活用ってなに?
  -推進体制/IT部門の役割
 -ライフサイクル
 -インフラ
 -アプローチ
・推進事例
   -事例の紹介
(成熟・初期段階)


第3部 遠州鉄道グループにおけるデータ活用事例
-共通ポイントカード利用者のデータ分析による収益拡大への取り組み  15:00-17:00

宮田 洋 氏
遠州鉄道株式会社 取締役 経営企画部長

・遠州鉄道グループの概要
・えんてつカードの概要
・データ活用の組織および教育
・データ活用の具体例
・現在の取り組み

トップページへ戻る