TOP > オープンセミナーを探す > “聴き手を説得する”ための「伝える技術」

“聴き手を説得する”ための「伝える技術」 (4115068)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本セミナーでは、皆様に実際にプレゼンテーションをしていただき、参加者・講師が改善点を指摘することによって、実際の場で活用できることを目指しております(実習をしない聴講だけの参加も可能です)。

日時

2015年5月13日(水) 10:00-17:00

カテゴリー

業務遂行スキルヒューマンスキル

講師

永井一美 氏
(オレンジコミュニケーション・サポート 代表 )
日本システムウエア株式会社にて、当時、日の丸コンピュータとして電電公社・富士通・日本電気・日立製作所が共同開発していた「DIPSプロジェクト」に技術者として携わる。その後、システムインテグレーション部隊のマネージャー。
「2000年問題」時に対応促進のため、顧客相手に数多くプレゼンテーションを実施。このときにプレゼンの重要性を痛感。その後、請負ではなくアメリカが成功していた「ソフトウェアの可能性」を追求すべく、“2000年問題”収束後の6月にアクシスソフト(現在、合併によりオープンストリーム)に転職、製品事業の立ち上げに尽力。2006年に代表取締役社長に就任。入社時より携わったリッチクライアント/RIA製品は国産ではトップシェアとなった。
また、MIJS(Made In Japan Software consortium)理事としてワークショップで各社製品紹介を担当。ソフトウェアベンダーの知財権をサポートする日本IT特許組合では理事長を歴任。会社および団体、ビジネスにおいてプレゼンテーションは重要な役割を果たした。2011年9末にアクシスソフト代表を退任。2014年8月、日本ネクサウェブ株式会社COOとして再びRIA事業に参画、2019年12末に退任。ライフワークである「プレゼンテーション研修」は、2012年以降継続してその重要性を伝えている。
 
 

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(日本橋堀留町2丁目ビル2階)

対象

製品・提案・プロジェクトなどについて複数の方の前で口頭で説明される方初級

開催形式

講義

定員

15名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

聴講のみの参加も可能ですが、研修の場での実践は貴重な経験であり、上達の第一歩です。題材は自由ですが、自社/製品/サービスについてのアピールならば日常行っていなくても可能だと思います。改めて自分のビジネスを見直すことにもなります。ぜひ、実践に挑戦してください。時間は5分です。お申し込みフォームのメッセージ欄の“実践をする” “実践をしない”をご連絡ください。 
投影して説明される方は、投影するデータを当日お持ちください。

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9218

ITCA認定時間

6

主な内容

1963年、ワシントン大行進でのキング牧師のスピーチ「I Have a Dream」は聴衆の心を動かしました。また、富士山の世界遺産登録、三保の松原を除外せよとの勧告を参加国代表全員に「三保の松原を含めるべき」と言わせました。これは「言葉の持つ力」です。

ドラッカーは「企業とは人間組織である」と言っています。人と人との関係が組織において何より大切で、そこにはコミュニケーションが必要となります。そして、コミュニケーションの基本は「言葉」です。キング牧師、スティーブ・ジョブズなどの人物をも参考にしながら、「プレゼンテーション」を学びます。

「プレゼンテーション」は、決して営業やマーケティング部門だけの技術ではありません。提案や発表、会議での発言さえも全てプレゼンテーション、それは“伝える技術”“コミュニケーション技術”です。 “聴き手の心を動かす”“聴き手を説得する”ための21のポイントを実践も含めて学んでいただきます。言葉の表現技術、言葉の持つ力を改めて考えることになるでしょう。この技術はビジネスにおいても、社会生活においても、参加された皆様を今後助けるものとなります。

本セミナーでは、皆様に実際にプレゼンテーションをしていただき、参加者・講師が改善点を指摘することによって、実際の場で活用できることを目指しております(実習をしない聴講だけの参加も可能です)。参考までに過去の参加者様の生の声を掲げておきます。

   ・色々なプレゼンの動画、講師の実演が大変に参考になりました。良い悪いが比較できました。
   ・改めまして自分を見つめ直すことができました。
   ・大変に良いです。他の人に伝えます。
   ・プレゼンに関して多くの気づきを得ました。
 
 

<<内容>>

序論
 ・プレゼンテーションとは ・私は何者か?
本論
 ・アリストテレスの教え ・プレゼンテーション21のポイント 〜企画&制作編、予行編、本番編〜
実践
 ・各自プレゼンテーション実施  各自5分のプレゼン  講評
まとめ
 ・チャート    ・ストーリーテリングとレトリック    ・質疑応答
 

トップページへ戻る