TOP > オープンセミナーを探す > 改正個人情報保護法の解説と民間企業における実務対応

改正個人情報保護法の解説と民間企業における実務対応 (4115162)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

個人情報保護法が改正される予定です。そこで、この問題について政府の委員をつとめられた新保史生先生とカード業界でこの問題に取り組んでおられた弁護士の藤武寛之氏をお招きし、改正法の解説と実務対応についてのセミナーを企画いたしました。  

日時

2015年4月24日(金) 10:00-16:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

新保史生 氏
(慶應義塾大学 総合政策学部 教授 )
藤武寛之 氏
(リンクパートナーズ法律事務所  弁護士 )
        1996年 株式会社ジェーシービー入社。同社で10年以上勤務した後、弁護士に転身。
        金融機関を中心に、クレジットカード、電子マネー、仮装通貨等あらゆる決済サービスに
   関連する業務の法的支援に取り組む。
   一般社団法人Fintech協会監事。一般社団法人電子決済等代行事業者協会理事。
    Chambers FinTech Chambers & Partners)のJapan-Legalランキングで、2020、2021と続けて、
   日本を代表する弁護士(Band 3)に選出される。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(日本橋堀留町2丁目ビル2階)

対象

現行個人情報保護法について基礎知識をお持ちの方 中級

開催形式

講義

定員

40名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

申請中

ITCA認定時間

5

主な内容

第1部 改正個人情報保護法について      新保 史生 氏   10:00-12:30
 
  1 改正の背景・狙い
  2 主要改正点の解説
 

 (昼食 12:30-13:30)


  第2部 改正個人情報保護法と民間企業における実務対応  藤武 寛之 氏
 13:30-16:00
                 
今般の改正個人情報保護法では、個人情報の定義についての大幅な変更は見送られる
予定であり、そのような意味では民間企業への影響は限定的とも思えます。しかしながら、
「匿名加工情報」、「第三者提供に係る記録の作成」、「外国にある第三者への提供の制限」
など、いくつか企業における態勢整備が必要な項目が見受けられます。 改正法を受けてど
のような対応が必要なのか、民間企業に影響がある条項について詳しく解説いたします。

トップページへ戻る