TOP > オープンセミナーを探す > [スポット受講] ファクトベースで学ぶITマネジメント力アップ~ITマネジメント

[スポット受講] ファクトベースで学ぶITマネジメント力アップ~ITマネジメント (4115183)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

[スポット受講]「ファクトベースで学ぶ ITマネジメント力アップ」 集中コース~ITマネジメント

リーダーになったら、マネージャーになるなら、必須の素養であるITマネジメントの要素のうち今特に関心の高い「ITマネジメント」について学びます。「ユーザー1000社のIT動向」というファクトをベースに、「ユーザー自らが語る事例」を通じて学ぶコースです。

日時

2015年9月29日(火) 13:00-16:20

カテゴリー

事業戦略策定・事業戦略評価 IS戦略策定・IS戦略評価・IS企画・IS企画評価 IS活用 業務遂行スキル専門スキル

講師

内山悟志 氏
(株式会社アイ・ティ・アール  代表取締役/プリンシパル・アナリスト )
大手外資系企業の情報システム部門、データクエスト・ジャパン株式会社のシニア・アナリストを経て、1994年、情報技術研究所(現ITR)を設立し代表取締役に就任。ガートナーグループ・ジャパン・リサーチ・センター代表を兼務する。現在は、IT戦略、IT投資、IT組織運営などの分野を専門とするアナリストとして活動。近著『名前だけのITコンサルなんていらない』(翔泳社)     『日本版SOX法 IT統制実践法』(SRC) その他寄稿記事、講演など多数。

三宅晃 氏
(東京海上日動システムズ株式会社  取締役 )
1984年東京海上火災保険株式会社入社(現:東京海上日動火災保険株式会社)。以後一貫してIT部門に在籍、基幹系システムの開発を振り出しに、ITを活用した業務革新プロジェクトに数多く参画。

石野普之 氏
(株式会社リコー コーポレート統括本部 副本部長 ビジネスプロセス革新センター 所長 )
1984年リコー入社。84-99年にかけ主に複写機の設計支援システム企画、開発、ネットワーク設計、情報共有環境の構築に従事。00-08年には米州統括販社にてリージョンのITガバナンス責任者、基幹システム構築、構造改革プロジェクト等のプロジェクトリーダーを担当。併せてM&A、買収後の会社統合などにITから参画。09年帰国後グローバル・リコーのIT戦略立案、展開、ITガバナンス、ISMS、クラウド共通インフラ等を担当。 14年4月より経営革新本部 副本部長 理事、15年4月より現職。

浜田達夫 氏
(一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会  参与 )
1970年日本航空(株)入社。入社より一貫して情報システム部門に配属、海外勤 務や関連会社への出向を経て、2001年から04年までのJAL・JASの経営・事業統合 の際にはITシステム統合本部の統括として、ITサイドの責任者を務め、CEOの統合 本部長を補佐した。2005年(株)JALインフォテックの代表取締役副社長に就任。 2007年、日本情報産業(株) 代表取締役副社長。2011年より現職。

参加費

JUAS会員/ITC:22,000円 一般:28,080円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

IT部門の次世代リーダーの方中級

開催形式

勉強会

定員

12名

取得ポイント

※ITC知識ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9199

ITCA認定時間

3.5

主な内容

■□本セミナーの特徴□■ 

ITマネジメントにおいて重要な項目を「ユーザー1000社のIT動向」という 
ファクトをベースに、「ユーザー自らが語る事例」で学ぶセミナーです。 

1.企業の取り組み、トレンドを知る 


2.型としての具体例を知る。ユーザー自ら語る事例 

 

<基調講演> ITマネジメント概観

 「これまで、そしてこれからのITマネジメントとは」
  講師:(株)アイ・ティ・アール
      代表取締役/プリンシパル・アナリスト 内山 悟志氏

●講演概要
ITの重要度が増し、業務やビジネスに対してより積極的な参画が求められている今、ITマネジメントが益々重要になってきています。 ユーザー企業において、経営に寄与するITとは何か。ビジネス戦略とIT戦略、そしてITマネジメントとはどのような関係にあり、ITマネジメントがうまくいくと何が嬉しいのか。その要素とは何なのか。企業におけるIT関連業務の全容を把握するとともに、非常に幅広い概念である「ITマネジメント」をわかりやすく整理してご紹介いただきます。

 
<ユーザー企業事例> 攻めのIT経営

 「ビジネスプロセスを競争力の源泉に!
   東京海上日動における「攻めのIT戦略」」

 講師:東京海上日動火災保険(株)  IT企画部部長 三宅 晃氏

●講演概要
東京海上日動社では、中期経営計画にて、「IT基盤の高度活用等により顧客接点を強化し、業界NO.1の成長を持続する」ことを表明し、ITを活用したシンプルで効率の良いビジネスプロセス、業務品質の向上、お客様接点の強化、時間場所に制約されない多様な働き方の実現を進めています。
これら経営計画実現に向けた「攻めのIT戦略」の全体像と推進にあたって苦労した点、「攻めのIT戦略」を実現するための、社内体制およびIT人材の育成、事後評価の仕組み(PDCA)、基盤的取り組みなどについて、「攻めのIT戦略」を推進してきたご自身の経験を交えて取り組みをご紹介いただきます。

 
<ユーザー企業事例> コアビジネスを支えるIT

「グローバルITガバナンスと経営革新へのチャレンジ」
 講師:(株)リコー コーポレート統括本部 副本部長
           ビジネスプロセス革新センター 石野 普之氏

●講演概要
戦略実現にはどのようなシステムが必要か。経営とITとの関係づくりや効果刈り取りの考え方、システム構想から実現方法の選択、ゴール設定など、戦略をシステムへ落とし込み、いかに周囲を1つの目標へと導けばよいのか。「グループ共通ITインフラ(※)」をはじめ、リコーの企業戦略を受けた経営に効く数々のシステム構想をマネジメントしてこられた数々のご経験を交えて事例をオムニバス風にご紹介頂きます。
(※)リコーでは事務機器とクラウドサービスの併売による新市場開拓を掲げ、2013年度に新事業で2000億円以上の売上増を目指す。それを支える核としてクラウド基盤「グループ共通ITインフラ」を構築。 IT部門が社内ベンダーとして、基盤上で動作する一般顧客向けクラウドサービスを13年から提供。経営戦略の実現基盤として新サービス投入までの期間を最大1/4に短縮する仕掛けや、グローバルでのITガバナンス強化の仕掛けを織り込む。



当セミナーは全5回コース + フォローアップの勉強会
[コース受講]「ファクトベースで学ぶITマネジメント力アップ」集中コース 
の個別選択受講となります。 

○2015年度のカリキュラムはこちら 
 第2回2015年10月21日(水)>「IT投資」 
 第3回2015年11月12日(木)>「IT推進組織とIT人材」
 第4回2015年12月  2日(水)>「システム運用・IT基盤」
 第5回2016年  1月21日(木)>「システム構築~経営戦略の実現」
 
★ワークショップもついてくる!
 コース受講(第1回~第5回+フォローアップ)のお申し込みは
>>>こちら 

○ご参考:コース受講の特典 
 特典①各回ワークショップ(必須)
 特典②交流会(3回・任意)の受講 

 特典③2015年4月発売「企業IT動向調査2015」(定価¥14,200)をプレゼント
 
トップページへ戻る