TOP > オープンセミナーを探す > バランス・スコアカード(BSC)を中核とした『組織のマネジメント・システム構築の基礎』

バランス・スコアカード(BSC)を中核とした『組織のマネジメント・システム構築の基礎』 (4117029)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

~ !方針の策定や見直しと戦略的発想の醸成に! ~

組織の管理者やプロジェクトなどのリーダー層にとって重要な目標や目的達成のための重要成功要因(CSF)を明確にしその進捗を測り鍵となる評価指標(KPI)の達成状況の見える化を実現する「マネジメント・システム」が構築できる基本スキルを養っていただきます。
*本講座は参加者の声を反映し、従来の「バランス・スコアカード活用研究講座」の名称・内容を改訂したものです。

開催日時

2017年4月20日(木) 10:00-17:00

カテゴリー

事業戦略策定・事業戦略評価 IS戦略策定・IS戦略評価・IS企画・IS企画評価専門スキル

講師

西嶋陽一 氏
(株式会社ティ・アール・ユー・ソリューションズ  代表取締役 )
松下精工(株)(現:パナソニック エコシステムズ)において生産管理システムや人事管理システムを主として担当。 その後、 パッケージソフトの販売サポートの(株)アシスト取締役、(株)アスキー理事を経て、1993年より(株)TRUソリューションズ代表取締役として情報システム構築のコンサルティングやソフトウエアパッケージ関連の販売企画や営業支援等を実施。ERPを含むソフトウエアパッケージの国内における販売・サポートや導入・活用の分野での見識は深い。ERP研究推進フォーラムへは設立企画の段階から関与し、1999年5月まで主席研究員として各種活動を実施。「ITを活かすも殺すも戦略次第」との考えから、2000年より「BSCフォーラム」の設立に関与し現在は運営委員を担当。併せてBSC関連のコンサルティングも開始し「方針策定〜戦略展開」の変革に対する啓発活動を積極的に展開。現在は、BSCを中核とした「組織活性化」や「組織風土改革」をテーマとした各種のコンサルティングや教育研修の提供を中心に活動している。大阪府立大学 工学部 経営工学科 1972年卒 (大阪府出身)。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

・部門長やプロジェクトリーダーなど「マネジメント・システム」の構築~運用に
 関わっている方やその改善を目指したい方
・経営企画、経営品質などの企業経営にBSCを活かしたい方
・BSCを導入検討中、または導入したが上手く活用できていないと感じている
 経営層や推進部門の方
・顧客対応戦略を必要とする営業担当や上級SEの方
 など

※経営層はもとより、部門長・プロジェクトリーダー必須のスキルです。中級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

※事前課題がございます。開催日1週間前に事務局よりご登録のメールアドレスにお送りします。

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9316

ITCA認定時間

6

 

主な内容

【本講座の特徴】 BSC活用のエッセンスが一日で学べる!

 ・単なる知識に留まらず、講師の実践してきた目的別の事例から活用場面の多さと
  各ケースでの工夫が学べます。
 ・「マネジメント・システム」構築の「準備~構築~運用」という全行程に渡るノウハウを学べます。
 ・「演習ケース」を基にした「ワークショップ(グループ演習)」によりBSC作成の重要な
  キーポイントを学ぶことができます。
 ・演習を通じて議論の「拡大(Stretch)&選択(Focus)」の重要性を学びます。
 ・講師がファシリテートする少人数の「ワークショップ」により、他の参加者との意見交換や
  情報交流により、多くの気付きを得られます。

 

【プログラム】

 1)戦略を実現するバランス・スコアカード(BSC)とは?
 2)『事前準備』(課題抽出、ステークホールダー分析ほか)
 3)『戦略マップ作成』(重要な重要成功要因間の因果関係)
 4)『評価指標(KPI)抽出』とマイルストン(期間目標)設定
 5)『進捗管理とレビュー方法』
 6)【演習】ケースからの戦略マップ作成と評価指標(KPI)抽出
 7)効果的な「マネジメント・システム」のための重要成功要因



【講師からの一言】 鍵となる合意形成ステップ!

みんな頑張ってます。野球なら、打率を上げ三振を取るように必死で練習しています。しかし、結果を出すためのチーム力と戦い方という<戦略>が抜けていたら、目標達成は遠いものとなってしまいます。
目標は具体的なのに、その目標を達成するために必要なことが中間層以下の実戦部隊では具体的に理解出来ず、行動が中途半端になってしまってはいませんか?そして、スピード感を持って実施されていますか?

どんなに素晴らしい計画やマネジメント・システムを作っても、関係キーマンとの<合意とコミットメント>が無ければ全ては絵に描いた餅!
シッカリと議論・検討した上で、目標達成に必須となる重要成功要因(CSF)やマイルストン(KPI)を明確にし関係者全員の<合意とコミットメント>を得ることが最も重要な成功の鍵となるのです。

そのために、本講座では「戦略マップ」(=目標達成のためのロードマップ)を作成し、「目的」と「手段」の「因果関係」を意識しながら検討を進めるのです。

 
トップページへ戻る