TOP > オープンセミナーを探す > システム化企画力・構想力 勉強会

システム化企画力・構想力 勉強会 (4117037)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

ビジネスモデルの視点から業務・システムを見直し、最適なシステム化を推進するための「思考法」「進め方」「勘所」を勉強します。★簡単な事前課題がございます。

開催日時

2017年10月25日(水) 10:00-17:00<足立氏>
2017年11月1日(水) 10:00-17:00<寺池氏>
2017年11月8日(水) 10:00-17:00<寺池氏>
2017年11月20日(月) 10:00-17:00<足立氏>

カテゴリー

事業戦略策定・事業戦略評価 IS戦略策定・IS戦略評価・IS企画・IS企画評価 業務遂行スキル専門スキル

講師

足立英治 氏
(株式会社フォース・トランキル 代表取締役 )
1978年日本ユニシスに入社、生産管理システムの開発等に従事、その後食品原材料メーカーに転職、購買、営業、人事、情報システム、経営企画、総務等のマネージャーを経験。1997年独立。国産ERPメーカーで、プロジェクトマネージャー、業務コンサルタントとして活動をおこなうかたわら、人事コンサルタントとして、人事制度、人事評価制度、人材育成体系の再構築を、上場製造業、SI等でコンサルティング活動に従事、研修講師としては、リーダシップ、ファシリテーション、プレゼンテーション等の研修で、上場企業から、中小企業まで、300社以上での実施経験を有する。

寺池光弘 氏
(株式会社CACマルハニチロシステムズ  総務部 人材育成担当 )
・株式会社シーエーシーにて、食品・製薬メーカー向けシステム開発、
 コンサルティングおよび運用サービス業務改善を経験後、
 グループ会社のCACエクシケア、CACマルハニチロシステムズにて人材育成活動に従事
・名古屋大学卒、英国レスター大学MBA、情報処理技術者試験委員

参加費

JUAS会員/ITC:132,000円 一般:168,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み) 【受講権利枚数4枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

中堅層の業務システム設計担当者中級

開催形式

勉強会

定員

25名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

※簡単な事前課題がございます。

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9015

ITCA認定時間

24

 

主な内容

<<参加者の声>>
○講師からダイレクトなフィードバックをいただけ、非常にためになった(情報通信業)
○異なる意見を聞き、その調整を行う実践ができてよかった。
 上流工程の考え方を学べるので他者にもすすめたい(製造業系情報子会社)
○IS企画立案のノウハウを4回に分けて体系的に理解できた。ワークによる
 メンバーとのディスカッションも様々な意見を確認しながら理解できた(運輸系情報子会社)
○他社事例や状況などを聞けたこと、いろいろな考え方があること、
 ワークを通じて気づきを得られた。 (エネルギー系情報子会社)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

激しい経営環境の変化にさらされている中で、今日の日本企業は変革を迫られています。

企業が環境変化に対応しイノベーションを実現するには、 改善改革案を創造し、着実な実行計画を作成できる人物の育成が不可欠です。そこで、 
  ・どのような視点で改善改革のアイデアを生み出せばよいのか(問題感知力) 
  ・改善改革の実行計画をどのように作成すれば良いのか(問題解決力) 
  ・評価はどのように行えばよいのか(問題評価力) 
などの企業人、システムエンジニアとしての能力を高めるプログラムをJUASで開発しました。 
本勉強会では、ビジネスモデルの視点から業務・システムを見直し、最適なシステム化を推進するための「様々な思考法」「システム化計画フェーズの進め方」「勘所」を学びます。 
4回の継続学習を通じて、多くの気付きを与え、従来のスタンスからの行動変容を目指します。講義中心ではなく、事前演習・受講者参加型のグループディスカッション・振り返りを数多く取り入れ、受講者が積極的かつ実践的に取り組めるよう運営いたします。 
この講座終了時には、提案能力、企画能力が確実に一歩進むことを目指します。 


<<JUASならではの特徴>>

 ・「システム化計画フェーズの進め方」は、 UISSの「IS戦略策定」「IS企画」に準拠 
 ・「思考法」や 「勘所」では、「システムリファレンスマニュアル」 「IT投資価値評価に関する調査研究 」「障害対策分析」などJUASの様々な研究会の成果物を活用し、受講者の満足度を高めます。


<<主たる期待効果>>

 ・新ビジネスモデルや業務改革のヒントが得られる 
 ・経営視点でシステム化の投資対効果が説明できるようになる   
 ・Top向けシステム化計画の実行計画概要図(1~2枚もの)を作成できるようになる


<<プログラム>>

※簡単な事前課題がございます。 
※内容は変更する場合がございます。

実施回 内容 主な手法他
1回目
 レクチャ
 &ミニ演習
(1)新ビジネスモデルの企画
 ・事業戦略の理解
 ・商品/サービスの差別化
 ・イノベーション事例研究
・6種の顧客
・企業戦略企画表
・技術ギャップ分析
・系統図手法
・マトリックス分析
2回目
 レクチャ
 &ミニ演習
(2)新業務プロセスの企画
 ・課題(業務、組織、システム)の洗い出し
 ・漸進的改革シナリオの検討

(3)新情報システムの企画
 ・基本要件の整理
 ・システム方式の策定
 ・基本要件の実現性の検討
・ビジネス・アーキテクチャ
・プロセスマップ分析
・ゼロベース思考
・オプション思考 
・ロジックツリー思考
・ベンチマーク
3回目
 レクチャ
 &ミニ演習
(4)システム化計画書の策定
 ・全体スケジュールの作成
 ・推進体制の構築
 ・費用とシステム化効果の予測
 ・上位計画との整合性検証
 ・リスク分析
 ・システム化計画の文書化・承認
・ロードマップ・WBS・TRM
・システムライフサイクルコスト
・IT投資対効果分析(ROI、KPI)
・チェンジマネジメント
・ストーリーボード
4回目
 レクチャ
 &総合演習
 成果報告
 &wrap-up
(5)実践演習
 ・ケーススタディ  or  マイケース
 
 



 

 
トップページへ戻る