TOP > オープンセミナーを探す > 今後不可欠になるWebアクセシビリティの品質基準と実装のポイント

今後不可欠になるWebアクセシビリティの品質基準と実装のポイント (4117198)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

今後不可欠になるWebアクセシビリティの品質基準と実装のポイント
-これからのWeb発注担当者&制作・開発者の必須知識と実践ノウハウ

世界的にWEBのアクセシビリティについての品質基準確保が要請されています。日本でも2016年4月、障害者差別解消法が施行されました。今後は単なる障害者対応だけではなく、WEB画面の品質基準確保が不可欠になるといわれています。ここで常につきまとうのはどこまでしたらよいかという問題です。何をどこまですべきかについて事例を中心に解説します。

日時

2017年6月1日(木) 10:00-17:00

カテゴリー

IS導入(構築)・IS保守専門スキル

講師

植木真 氏
(株式会社インフォアクシア  代表取締役 )

Webアクセシビリティ・コンサルタント/ウェブアクセシビリティ基盤委員会 委員長/W3CWCAGワーキンググループInvited Expert


参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(日本橋堀留町2丁目ビル2階)

対象

WEBシステムの開発担当者、発注担当者、責任者中級

開催形式

講義

定員

24名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9351

ITCA認定時間

6

主な内容

1  WEBアクセシビリティとは
  -単なる障害者対応ではなく、今後不可欠になる品質基準
  -海外諸国で進む法律による義務化
  -日本で施行された「障害者差別解消法」
  -「ISO/IEC 40500:2012」と「JIS X 8341-3:2016」
  -国内外の企業WEBサイトにおける先行事例

2  WEBサイトの品質とユーザー体験を向上させるポイント
  -アクセシビリティとユーザビリティ、UX
  -アクセシビリティとSEO(検索エンジン最適化)
  -企業WEBサイトで実践すべき基本ガイドライン

3  基本ガイドラインに沿った設計・開発のポイント
  -HTMLコーディング
  -WEBページのセクション・領域
  -文書構造のマークアップ
  -入力フォームの設計と実装
  -ビジュアルデザイン
  -キーボード操作への対応
  -画面読み上げソフトへの対応 など

トップページへ戻る