TOP > オープンセミナーを探す > 実際に機能するBCP規定類の策定とDR(ディザスタ・リカバリ)の構築

実際に機能するBCP規定類の策定とDR(ディザスタ・リカバリ)の構築 (4117316)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

「BCPの策定やDRの構築事例」を紹介するとともに、「コスト、技術力、構築持続年数、採算等」の観点から現実に則した策定や実装を学習します。この分野は、外部に委託すると構築費用が徐々に膨れ上がるため、「どの分野が自前主義に適し、またはクラウド(DRaaS)に適しているのか」も検討します。

日時

2018年1月18日(木) 13:00-17:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

石橋正彦 氏
(フィナンシャルシステムプラン株式会社 パートナー  )
べリングポイント(現PwC) においてセキュリティ監査人/ベンチマークに従事。
その後、ガートナーにてセキュリティ、BCP/DRのリサーチ業務に従事し現在に至る。

参加費

JUAS会員/ITC:22,000円 一般:28,080円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

情報システム部門の担当者、防災・災害の担当者、管理部門のIT担当者

職務:保守/運用 、リスクマネジメント
レベル:システムエンジニア初級
初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9355

ITCA認定時間

4

お申し込み

主な内容

東日本大震災以降、BCPやIT-BCPの価値観が変わりつつあり、これまで「(机上ベースでの)手順書や運用マニュアルを作ることがBCPの策定」と考えていた企業が被災を機に、考え方を改めています。また、「ディザスタ・リカバリ(DR)が構築できていない企業でも、工夫すればIT-BCPの策定やISO22301(BCMS)の認証取得も可能」と考えていた企業も考え方を変えつつあります。

本セミナーでは、「BCPの策定やDRの構築事例」を紹介するとともに、「コスト、技術力、構築持続年数、採算等」の観点から現実に則した策定や実装を学習します。この分野は、外部に委託すると構築費用が徐々に膨れ上がるため、「どの分野が自前主義に適し、またはクラウド(DRaaS)に適しているのか」も検討します。


<内容>
第1部 はじめに
・BCPとは、IT-BCPとの違い
・DR(ディザスタ・リカバリ )とは
・IT-BCPとISO22301(BCMS)とは

第2部 東日本大震災以降のIT-BCPの変遷と事例
・東日本大震災 前後のIT-BCP事例
・IT-BCPからISO22301(BCMS)を構築した事例
・規定類の考え方

第3部 ディザスタ・リカバリ実践
・ディザスタ・リカバリの基礎
・ディザスタ・リカバリ構築で最低限知っておきたい基礎知識
 (ファイル・システム、VOL、mount、フェールオーバー、DHCP等)
・ディザスタ・リカバリ構築の変遷
 
第4部 ディスカッション(演習)
・当社のBCPとDR
『実際の社内のBCPとDRの現状をディスカッションする』

第5部 今後の運用
・どこまでBCPとDRを実装/運用するのか
・クラウドが使えるのか、各種ソリューションやツール類の現状
・セカンダリ・サイトやデータセンター事業者の動向
お申し込み
トップページへ戻る