TOP > オープンセミナーを探す > セキュリティ技術基礎

セキュリティ技術基礎 (4118004)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

~もう知らないでは許されない!セキュリティ技術を基礎から学ぼう~
企業の情報資産を保有・管理しているIT部門は、情報セキュリティの脅威と対策を理解する必要があります。情報セキュリティの脅威と対策を本質的に理解するためには、その基礎となる技術要素を理解する必要があります。本講座では、IT担当者が直面する情報セキュリティ対策に関する基本的概念から、情報を保有する脅威と求められる対策(人的・技術的・物理的)における技術的な基礎知識を習得します。

日時

2018年8月2日(木) 10:00-17:00
2018年8月3日(金) 10:00-17:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

安田良明 氏
(S&J株式会社 ナショナルセキュリティセンター:センター長 兼 セキュリティ道場:師範 )

・1996年 情報通信メーカーへ入社.システムズエンジニアとして、ナショナルセキュリティ分野に関する情報システム構築、セキュリティオペレーションセンター構築を従事する傍ら、2005年から2007年に掛けて、米国の情報保証技術の調査研究を行う。
・2009年 情報セキュリティ会社へ入社.サイバーリスク総合研究所の研究員として、研究成果の製品化、特定用途システムへの転用提案や情報セキュリティ教育、人財育成などを担当。
・2010年 ナショナルセキュリティセンターを設立し、初代センター長として就任.社会システムが期待する情報保証技術の調査研究を行うと共に、国家の安全保障を担う システムに対し、自社の研究成果を提供し、社会セキュリティの確保に貢献する活動を行う。
・2011年 内閣官房情報セキュリティセンターセンター員として、情報セキュリティ対策の推進に関する専門的、技術的な事項についての支援業務を行う。
・2013年 S&J株式会社 入社


参加費

JUAS会員/ITC:66,000円 一般:84,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数2枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

情報システムの企画、開発、運用に従事している、あるいは従事予定の方。
「セキュリティ入門」の受講もしくは同等の知識を有していること。初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

25名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9339

ITCA認定時間

12

お申し込み

主な内容


~もう知らないでは許されない!セキュリティ技術を基礎から学ぼう~

企業の情報資産を保有・管理しているIT部門は、情報セキュリティの脅威と対策を理解する必要があります。情報セキュリティの脅威と対策を本質的に理解するためには、その基礎となる技術要素を理解する必要があります。

本講座では、IT担当者が直面する情報セキュリティ対策に関する基本的概念から、情報を保有する脅威と求められる対策(人的・技術的・物理的)における技術的な基礎知識を習得します。


*・:.。受講者の声.☆☆ ☆☆.。
・何となく理解していたセキュリティに対する知識を分かりやすく説明してくれた。
・テキストが充実していたおかげで復習しやすい。
・全体が網羅されていて、また実体験も交えての講義で勉強になった。2日間やってくれる
 セキュリティ講座は珍しく、内容が濃く良かった。人に薦めたい。
・情報量が多かったが、説明が丁寧で分かりやすかった。テキストに細かく書かれているので復習もしやすい。
・概説的な内容に寄りすぎず、技術に寄りすぎず、バランスよく色々と学べた。
・様々な分野についてのセキュリティが学べてよかった。
・情報セキュリティの運用面から技術的なことに至るまで幅広く網羅的な話が聞けました。ネットワークの機器や
 構成について具体的な 話が聞けて良かった。
*・:.。.☆☆ ☆☆.。


第1章 セキュリティ基礎
 1.情報セキュリティ
 2.情報資産を守る
 3.情報セキュリティマネジメントシステム
 4.リスクアセスメント

第2章 コンプライアンスと運用セキュリティ
 1.情報セキュリティ対策
 2.情報セキュリティの運用
 3.セキュリティ要素技術

第3章 脅威と脆弱性
 1.攻撃の種類と特徴
 2.アプリケーション攻撃の種類と特徴
 3.無線攻撃の種類と特徴
 4.ソーシャル・エンジニアリング攻撃の種類と特徴

第4章 ネットワークセキュリティ
 1.ネットワーク機器と技術におけるセキュリティの機能と目的
 2.ネットワークサービスとポート番号
 3.セキュリティに関わるプロトコル

第5章 アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ
 1.マルウェアの種類と特徴
 2.ホストセキュリティの確立

第6章 アクセスコントロール、認証マネジメント
 1.認証サービスの目的と機能
 2.認証、認可、アクセスコントロール
 3.アカウント管理を行う際のセキュリティコントロール

第7章 暗号化
 1.暗号化
 2.暗号アルゴリズム
 3.暗号の種類
お申し込み
トップページへ戻る