TOP > オープンセミナーを探す > 若手SEのための合意形成の基礎

若手SEのための合意形成の基礎 (4118048)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

関係者が同じ土俵に乗り、納得感を得ながら合意形成を進めていくための 「関係者の頭の中を整理して、議論できる状態に持っていくための手法」「結論の選択を促すための手法」を理解し、演習やケースを題材とした体験実践を通して体得することを目指します。

日時

2018年11月15日(木) 10:00-17:00

カテゴリー

業務遂行スキルヒューマンスキル

講師

寺池光弘 氏
(株式会社CACクロア  人材グループ  マネージャ )
・株式会社シーエーシーにて、食品・製薬メーカー向けシステム開発・保守・運用・
 コンサルティングを経験後、CACグループにて人材開発に従事
・名古屋大学卒、英国レスター大学MBA、情報処理技術者試験委員

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

業務経験数年の若手メンバー(情報システム部門・情報システム子会社、SIer等)初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

25名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9219

ITCA認定時間

6

主な内容

<<受講者の声>>
 ●グループワークがあり目に見えて分かりやすかった。明日から実践できそうな内容だったので実践したい。
 ●明日から使用できそうなツールやロジックの紹介がありよかった。
 ●合意形成は自身にとっての苦手分野であったが、講義と演習を通してコツをつかむことができた。
 ●実際にグループワークを行うことで、自分に足りていない視点を補うことができた。
 ●何かを複数人で決定する時に気を付けるべきことを学べた。 
 ●過去にうまくいかなかった体験の改善について、他社の方と検討できた。全く違う環境の方の意見がきけて良かった。


大事な会議、日々のちょっとしたミーティング。。。こんなことはありませんか? 

 ・議論が空中戦になってしまう 
 ・議論がかみ合わない 
 ・問題解決のための合意形成が進まない 

本コースでは、関係者が同じ土俵に乗り、納得感を得ながら合意形成を進めていくための 

 ・関係者の頭の中を整理して、議論できる状態に持っていくための手法 
 ・結論の選択を促すための手法 

を理解し、演習やケースを題材とした体験実践を通して体得することを目指します。 

ミーティングの生産性を上げたい、よりよい議論と合意形成を行いたい若手の方(会議を進める側、会議中に参加する側のどちらの立場でも有効です)におすすめのコースです。 


<<特徴>>
「分かる」だけでなく「出来る」を目指すために・・ 
 ・研修スタイル>>>受講者参加型(講師からの問いかけ、グループ討議、全体討議・ナレッジ共有) 
 ・業務への適用イメージを持てるように、振り返りの場を多く設定し、気付きを与えます 
 ・実際の業務で頻出するシーンである「運用業務の効率化」などを題材に発言例を交えて演習。 
  実践的な力が身につきます。 


<<内容>>
 (1)はじめに(Why) 
    ・受講目的(必要性)の再確認 
    ・現状の振り返り     

 (2)合意形成の基本(What) 
    ・合意形成の5箇条(フォレットの統合の概念) 
     ①自分の考えを強引に正当化することを避ける 
     ②議論に勝ち負けはない 
     ③根拠があいまいなまま合意しない 
     ④妥協や取引手段を採らない 
     ⑤お互いの相違点を明確にする 
    ・論理的に議論するための基本手法 
     「要約する」「確認する」「分解する」「結合する」「構造化する」 

 (3)ケースを題材とした体験実践と相互フィードバック(How) 
    ・演習 
     ①あいまいな表現を指摘し、具体的な内容に落とし込む 
     ②長い発言を指摘し、分かり易く要約する 
     ③あいまいなテーマを個別テーマに落とし込み、議論し易くする 
     ④運用業務の効率化に関するグループメンバーからの意見のとりまとめ 
     ⑤総合演習:コンセンサスゲーム ※チェックシートによる相互フィードバックあり 

 (4)振り返り・全体Q&A 
    ・現場で意識的に実践するためのアクションプラン 


<<他の若手SEシリーズはこちら>>
◆入門編 2018年6月開催
◆入門編 2018年10月開催  
◆プロセス分析編 2018年5月開催 
◆合意形成の基礎編 2018年11月開催
◆ライティング編 2018年7月開催
◆ライティング編 2018年12月開催
トップページへ戻る