TOP > オープンセミナーを探す > SEのための経理の基礎知識「会計システムに強くなる第一歩」

満員

SEのための経理の基礎知識「会計システムに強くなる第一歩」 (4118110)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

SEのための経理の基礎知識「会計システムに強くなる第一歩」
~財務会計と管理会計、まずは財務三表から~

財務三表が貸借対照表(BS)・損益計算書(PL)・キャッシュフロー計算書(CF)の三表であることは多くの人々が知っています。。ところが、実際の仕組みを理解している人は多くはいません。企業の業績を創出することが困難な時代にあって、どのようにしたら利益体質になれるのかを検討・検証する管理会計の分野が重要になる一方で、その基礎の位置付けにある財務会計に関する見識が必要であることは言うまでもありません。講義の中では、管理会計にもふれます。事業計画上の金利計算の手法です。さらに、一般には知られていない予算/実績差異分析の技法も紹介します。

日時

2018年11月20日(火) 10:00-17:00

カテゴリー

IS導入(構築)・IS保守専門スキル

講師

植松隆多 氏
(株式会社マネジメント・ファクトリー  代表取締役社長 一般財団法人建設産業経理研究機構 客員研究員)
1954年、愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大手鉄鋼会社に20年余り勤務して、鉄鋼・新規事業・ITソリューションビジネスに従事。財務部門を出発点に、マーケティング・広報・事業管理・事業再建などを経験して、数々の計数分析技法を開発。退職後は外資系コンサルティングファームを経由して、経営コンサルタントとして独立。マネジメントに関する理論の確立から現場計数分析まで、広範囲な活動を展開中。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

会計システムの開発・保守を担当されているSE
初級

開催形式

講義

定員

15名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9335

ITCA認定時間

6

主な内容

■狙い(学習する分野)
経理-会計の仕事を理解するためには、仕訳から始まる簿記の知識と簿記の手続きを通して作成する財務三表の作成技術は必須のものとなります。
本セミナーは仕訳-記帳-財務三表の作成方法を講義と実習を通して学びます。単に聞くだけでは数日で蒸発してしまいます。「理解する」ことは、大変重要な要素だと考え、本講座では記憶学習を最小に控え、理解することに機軸を置きました。


■学習目標(到達する目標レベル)
簿記の勘定仕訳を出発点に、自分で財務三表を作成できるようになることが目標です。簿記の知識がない方でも講義終了時には「自分で財務三表を作れた」と自信を以ていただけるまで懇切丁寧に指導します。



■内容
1 はじめに

2 情報産業・情報システム部門への期待

  ・情報部門が、企業経営に関するオピニオンリーダーに

3 簿記と貸借対照表・損益計算書、キャッシュフロー計算書
  ・財務三表作成の発信源は、簿記にある
  ・簿記と貸借対照表・損益計算書
  ・簿記とキャッシュフロー計算書

4 演習問題(初年度)
  ・講師が、解説します。皆さん、良く理解して下さい

5 演習問題(2年度)
  ・講師とともに学びます。皆さん方にも順番に答えて頂きます
  ・初年度に対して、応用問題が出現します
  ・事業計画上の金利計算も習得できます

6 演習問題(3年度)
  ・2年度まで学習できたら、もう独力で作成できるはずです
  ・各自、財務三表を組み立てて頂きます

7  管理会計の技法のうち予算/実績差異分析を、一つだけ学習します
トップページへ戻る