TOP > オープンセミナーを探す > ネットワーク管理実践講座

ネットワーク管理実践講座 (4118215)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

ネットワーク管理実践講座-ネットワーク管理技術とSNMP活用体験講座

本企画はネットワーク管理についての実務セミナーです。
ネットワーク管理を効果的に進めるためにはSNMPについての知識・技術が不可欠です。効果的な対応をとれるよう各種管理しきい値、対応策、アクションプランの立て方を学びます。自らトラブルシューティングにあたる方はもちろん、業者に対して適切な対応を指示する方のために 有益な情報を提供いたします。また、ネットワーク管理に関するユーザー企業としての指針作成やベンダーへの交渉力・対応力の向上が図れるように進めます。

日時

2018年9月11日(火) 10:00-17:00

カテゴリー

IS運用専門スキル

講師

上山勝也 氏
(株式会社上山システムラボラトリー  代表取締役 )
民間企業のユーザー部門を経験後、豊田工業大学工学部制御情報工学科を首席で卒業。民間企業の情報システム部、(株)オープンシステム研究所、伊藤忠テクノサイエンス(株)を経て独立。現在は(株)上山システムラボラトリー代表取締役として、LANやイントラネットシステムの設計・運用・教育などのコンサルティング活動を展開。「無駄な出費をしないために、今あるシステムを有効に使っていく、システムの更新をするにしても将来にわたって無駄のない設計や改善を行う。そしてそれを支える要員の育成をしていく。お客様といっしょにシステムを適切に発展させる。」のが基本的なスタンス。 
<主な資格>オンライン情報処理技術者、ネットワークスペシャリスト、システム監査技術者

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(日本橋堀留町2丁目ビル2階)

対象

・これからネットワーク管理(SNMP、SDN)を実務に活かしたい方(導入・運用担当)
・SNMP管理についてのポイントを把握してメーカー、販売店との仕事をうまく進めたい方
・他者(Sierやメーカー)が提示した診断(報告内容)の適正さを確認したい方
・ネットワークの運用管理に取り組まれ、さらにスキルアップを目指す方
・ネットワーク管理に関するユーザ企業としての指針作成や、ベンダーへの交渉力・対応力の向上をされたい方

◆受講前提条件:
・ネットワークについて基本的な技術・用語についての知識をお持ちの方
・パソコン/ブラウザの基本操作ができる方
・Wi-Fi形式の無線LAN機能及び10BaseTケーブルによる有線LANに接続できる機能を持ったパソコンをお持ちになれる方
中級

開催形式

講義、グループ演習

定員

15名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9365

ITCA認定時間

6

主な内容

本企画はネットワーク管理についての実務セミナーです。
ネットワーク管理を効果的に進めるためにはSNMPについての知識・技術が不可欠です。効果的な対応をとれるよう各種管理しきい値、対応策、アクションプランの立て方を学びます。自らトラブルシューティングにあたる方はもちろん、業者に対して適切な対応を指示する方のために 有益な情報を提供いたします。また、ネットワーク管理に関するユーザー企業としての指針作成やベンダーへの交渉力・対応力の向上が図れるように進めます。

本セミナーは下記の特徴を有しております。
 ・よく使う機能・効果的な機能に的を絞って講義・実習します。
 ・ユーザーが実際に使用されていることが多く、得られる情報が十分なネットワーク機器(Cisco ルータやL2スイッチ*)を
  複数台(4台)用意し、自社に戻って管理を始めるときの管理項目と値(数値)をチェックできるように配慮しています。
 ・ネットワーク管理の全体像と、本ツールの位置づけ、他のツールとの関連を明らかにします。
 ・日常のネットワーク管理におけるアクションプラン(行動計画)、管理に関するノウハウを提供します。

*Cisco以外の製品をお使いの方でも管理標準や管理の進め方を説明しますので応用が可能です。



◆主な研修内容:

第1部 ネットワーク管理の基本(講義)
    -ネットワーク管理全体像について解説します。
 1 ネットワーク管理の重要性
 2 ネットワーク管理エネルギー増大の法則について
 3 ネットワーク管理の全体像(主要管理5項目)
 4 障害管理・性能管理・構成管理(その他、参考として機密管理と課金管理も説明)
 5 代表的な管理ツールの紹介(役割の違いも説明)
 6 SNMPとその他管理ツールとの関連について

第2部 SNMPツールについて(講義、講義の理解を助けるため実習環境の構築を並行して進めます)
    -SNMPツールの紹介と留意事項を説明します。
 1 SNMPとMIBについて
 2 SNMPで実現できる性能管理の内容
 3 SNMPで実現できる構成管理の内容
 4 SNMPで実現できる障害管理の内容
 5 セキュリティ面での活用ポイント(不正アクセスのチェックポイント)
 6 他のツールとの連携

第3部 リアルタイム管理と統計処理について(講義、一部実習)
    -性格の異なるSNMPツールの違い(使いどころ)を説明します。 
 1 TWSNMPについて
 2 Zabbixについて
 3 eHealthについて
 4 NetCrunchについて

第4部 SNMPツール活用(実習)
    -NetCrunchを使用してSNMP活用のための実習を行います。
 1 NetCrunchとは
 2 NetCrunch試行について(試行版ダウンロードの方法など)
 3 管理対象機器の登録(ディスカバリ)
 4 管理マップの作成
 5 ノードステータスの確認
 6 トラヒック調査・アクションなど
 
第5部 その他ネットワーク管理ツールとの連携(講座と一部実習)
    -ツール単独の機能ではなく、他ツールとの連携による相乗効果を発揮するための
     基本構想を提示します。
 1 パケットキャプチャツールの活用
   障害管理・機密管理のフォロー(Wiresharkをベースにご参考として説明)
 2 各ネットワーク管理ツールを使用した統合的な管理スタンス
 3 管理指針の立て方と基本的な管理方針
 4 リモートリアルタイム帳票としての活用
 5 日常管理とアクションプラン

第6部 その他押さえておきたいポイントの紹介(講座)
    -ネットワーク管理を有効に展開するためには、
 1 SNMPフリーソフトの活用について(ZabbixやTWSNMPの活用と留意事項を紹介)
 2 SNMPツール導入と運用のおける陥りがちな問題とは
 3 SNMPツール活用のために必要な認識とサポート体制とは
 4 今後のネットワーク管理のポイントについて
トップページへ戻る