TOP > オープンセミナーを探す > [スポット受講]ファクトベースで学ぶITマネジメント力アップ~システム運用・IT基盤

[スポット受講]ファクトベースで学ぶITマネジメント力アップ~システム運用・IT基盤 (4118233)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

システム運用・IT基盤リーダーになったら、マネージャーになるなら、必須の素養であるITマネジメントの要素のうち今特に関心の高い「システム運用・IT基盤」について学びます。「ユーザー1000社のIT動向」というファクトをベースに、「ユーザー自らが語る事例」を通じて学ぶコースです。

日時

2018年12月12日(水) 13:00-16:20

カテゴリー

IT基盤構築・維持・管理 IS運用専門スキル

参加費

JUAS会員/ITC:22,000円 一般:28,080円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

IT部門の次世代リーダーの方 中級

開催形式

勉強会

定員

6名

取得ポイント

※ITC知識ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9297

ITCA認定時間

3.5

お申し込み

主な内容

■□本セミナーの特徴□■ 

ITマネジメントにおいて重要な項目を「ユーザー1000社のIT動向」という 
ファクトをベースに、「ユーザー自らが語る事例」で学ぶセミナーです。 

1.企業の取り組み、トレンドを知る 

2.型としての具体例を知る。ユーザー自ら語る事例 


〇2018年度 第6期 カリキュラム
※内容は諸般の事情により変更となる場合があります

 「ユーザー企業1000社のIT動向の今~企業IT動向調査から」
  講師:(一社)日本情報システム・ユーザー協会 常務理事 宮下清

   

<ユーザー企業事例> 基幹システム刷新

「リテール基幹システム刷新と業務改革への取り組み」
 講師:野村ホールディングス(株) IT統括部長 和泉 哲郎氏
●講演概要
野村證券(株)は2013年1月リテール部門の基幹システムを共同利用型のサービス(NRI社STAR)に全面移行しました。移行に際しては共同利用型サービスのコストメリットを生かし、最小限の追加開発に留めるために「STARに合わせて業務を見直す」を合言葉に当社業務の全範囲にわたる改革を実施しました。業務改革の結果、システム規模を半減させ、運用コストを大幅に抑制することができましたが、一方で、全ての社員やお客様に影響が及ぶ極めて難易度の高いプロジェクトとなりました。このセッションでは、いかにこの難易度の高い大規模プロジェクトの困難を克服し、大胆な業務改革を同時に実現できたのか、その背景や具体的な取組み等を紹介します。

 

<ユーザー企業事例> システム安定稼働

「ビジネスを支えるシステム安定稼働への取り組み」
 講師:日本航空(株) IT企画本部 IT運営企画部長 栗田 和博氏
●講演概要
 企業におけるITシステムが業務そのものを支え、顧客サービスの提供、新たな価値の創造に不可欠となっている現在、ITシステムの障害は企業リスクであり、IT部門はより高いレベルでシステムの安定稼働を追求していかなければいけません。システムの安定稼働のための特効薬はありませんが、障害ゼロ、計画外のサービス停止時間ゼロを目指した取り組みを紹介します。


 

当セミナーは全5回コース + フォローアップの勉強会
[コース受講]「ファクトベースで学ぶITマネジメント力アップ」集中コース 
の個別選択受講となります。 


〇スポット受講:参加したいテーマのみ受講 
第1回2018年  9月26日(水)>「ITマネジメント」
第2回2018年10月25日(木)>「IT投資」 
第3回2018年11月21日(水)>「IT推進組織とIT人材」
第5回2019年  1月17日(木)>「システム構築~経営戦略の実現」
 
★ワークショップもついてくる!
 コース受講(第1回~第5回+フォローアップ)のお申し込みは
>>>こちら 

○ご参考:コース受講の特典 
 特典①各回ワークショップ(必須)
 特典②
意見交換会(3回・任意)の受講
 
特典③2018年4月発売予定「企業IT動向調査2018」をプレゼント!
お申し込み
トップページへ戻る