TOP > オープンセミナーを探す > プレゼン用資料作成テクニックの磨き方

残席わずか

プレゼン用資料作成テクニックの磨き方 (4118302)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

プレゼン用資料作成テクニックの磨き方-PowerPointの書き方、プレゼンの勘所
企業の中でword/Excelの資料が浸透して20年以上が経過し、文書の書き方の研修も普及して来ています。PowerPoint(以下、PPT)では『図で表現する』『流れを考慮する』など『提案資料』『プレゼン資料』『セミナー資料』の用途により、PPTの書き方を変える必要があります。PPTは、一律同じように記述してもヒットしませんし、プレゼンのやり方に頼る(『話し方』手法に頼る)のも危険です。本セミナーではPPTに求められる要件と表現すべき勘所、最終的なプレゼンの練習までを実施するコースです。以下の3パターンを学びます。  ・システム提案書、改善提案書  ・会社の所属長、他部門、顧客へ成果発表をする報告書  ・一般向けの聴講者を対象としてセミナー・説明会資料

日時

2018年7月23日(月) 10:00-17:00

カテゴリー

業務遂行スキル専門スキル

講師

石橋正彦 氏
(フィナンシャルシステムプラン株式会社 パートナー  )
べリングポイント(現PwC) においてセキュリティ監査人/ベンチマークに従事。
その後、ガートナーにてセキュリティ、BCP/DRのリサーチ業務に従事し現在に至る。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

情報システム部門のSE、コンサルタント(Ms-officeの使用経験がある方)
<職務>営業/開発/管理部門
<レベル>システムエンジニア初級
初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

※当日はMs-PowerPointを搭載したPCをご持参されることをお勧めします。

ITCA認定番号

申請中

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

◆主な研修内容:
第1部
・本セミナー受講の前提条件
・PowerPointとは
・word/Excel とどのように表現方法や印象/思い出が異なるか
・(演習1)PPTを起動し、自己紹介を作成する
第2部 システム提案書、改善提案書
・(演習2)
第3部 会社の所属長、他部門、顧客へ成果発表をする報告書
・(演習3)

第4部 一般向けの聴講者を対象としたセミナー・説明用資料
・(演習4)
第5部 今後の運用
・PPTで日ごろから気を付けるポイント
・人の前で発表することと、資料を作成することは違う
・アクノレッジ・クエスチョンとは(聞き方からはじめよう)
第6部
・まとめ

※当日はMs-PowerPointを搭載したPCをご持参されることをお勧めします
お申し込み
トップページへ戻る