TOP > オープンセミナーを探す > 利用者にやさしいWebの品質基準と設計・実装のポイント

利用者にやさしいWebの品質基準と設計・実装のポイント (4118310)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

利用者にやさしいWebの品質基準と設計・実装のポイント
-これからのWebシステム画面設計の必須知識と実践ノウハウ

世界的にWebサイトやWebサービスのアクセシビリティ確保が法律等で要請されています。日本でも2016年4月、障害者差別解消法が施行されました。「アクセシビリティ」は単なる障害者対応だけではなく、多様化する利用環境において全ての利用者のために必要不可欠な品質基準として、注目が高まってきています。このセミナーでは、まず最低限やっておくべきことに重点を置いて、WebサービスやWebシステムの品質を向上させるポイントを解説します。

日時

2019年1月21日(月) 10:00-17:00

カテゴリー

IS導入(構築)・IS保守専門スキル

講師

植木真 氏
(株式会社インフォアクシア  代表取締役 )

Webアクセシビリティ・コンサルタント/ウェブアクセシビリティ基盤委員会 委員長/W3CWCAGワーキンググループInvited Expert


参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

WEBシステムの開発担当者、発注担当者、責任者 中級

開催形式

講義

定員

24名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9406

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容


1  Webアクセシビリティとは
  -単なる障害者対応ではなく、今後不可欠になる品質基準
  -海外諸国で進む法律による義務化
  -日本で施行された「障害者差別解消法」
  -「ISO/IEC 40500:2012」と「JIS X 8341-3:2016」
  -国内外の企業Webサイトにおける先行事例

2  Webサイトの品質とユーザー体験を向上させるポイント
  -アクセシビリティとユーザビリティ、UX
  -アクセシビリティとSEO(検索エンジン最適化)
  -企業Webサイトで実践すべき基本ガイドライン

3  基本ガイドラインに沿った設計・開発のポイント
  -HTMLコーディング
  -Webページのセクション・領域
  -文書構造のマークアップ
  -入力フォームの設計と実装
  -ビジュアルデザイン
  -キーボード操作への対応
  -画面読み上げソフトへの対応 など
 
お申し込み
トップページへ戻る