TOP > オープンセミナーを探す > 個人情報保護法、EU個人データ保護規則(GDPR)の内容と実務入門

個人情報保護法、EU個人データ保護規則(GDPR)の内容と実務入門 (4118348)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本セミナーでは、国内の個人情報保護法についての基礎的な知識の提供と、実務ご担当者様向けのポイント解説を行います。GDPRについては、基本的な内容が理解できるような解説を行います。また、法律の内容にとどまらず、その時々における法令と関連するデータビジネスの情報を提供し、参加者の皆様に、全体的な理解をいただきたいと考えています。

日時

2019年3月25日(月) 13:00-17:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

藤武寛之 氏
(リンクパートナーズ法律事務所  弁護士 )
 1996年 株式会社ジェーシービー入社。同社で10年以上勤務した後、弁護士に転身。
  金融機関を中心に、クレジットカード、電子マネー、仮装通貨等あらゆる決済サービス
  に関連する業務の法的支援に取り組む。経済産業省大臣官房臨時専門アドバイザー・一
  般社団法人Fintech協会監事・一般社団法人電子決済等代行事業者協会理事。

参加費

JUAS会員/ITC:22,000円 一般:28,080円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

個人情報保護についての新任ご担当者、管理者、責任者など、
国内外をめぐる個人情報保護規制についての全体的・基本的な理解を身につけたい方初級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9303

ITCA認定時間

4

主な内容

2017年5月、改正個人情報保護法が全面施行されました。また、2018年5月には、EU個人データ保護規則(GDPR)が施行されています。昨今のデータビジネスをめぐる動きは早く、複雑です。これらの潮流を理解するためには、基礎となる法律の内容を理解することが不可欠です。

本セミナーでは、国内の個人情報保護法についての基礎的な知識の提供と、実務ご担当者様向けのポイント解説を行います。GDPRについては、基本的な内容が理解できるような解説を行います。また、法律の内容にとどまらず、その時々における法令と関連するデータビジネスの情報を提供し、参加者の皆様に、全体的な理解をいただきたいと考えています。

<本講座のポイント>
・個人情報保護法の内容と実務におけるポイントの解説
・EU個人データ保護規則(GDPR)の基本的な解説
・法令に関連するデータビジネスの動きについて

<研修内容>
1 個人情報保護法の基本 
2 個人情報保護法改正の経緯
3 個人情報保護法の内容
    ・個人情報の定義
    ・要配慮個人情報
 ・匿名加工情報
 ・個人データの第三者提供に関する規律
 ・トレーサビリティの確保
 ・外国にある第三者への提供制限
 ・その他
4 EU個人データ保護規則(GDPR)の基本的な内容
5 データ流通に関する最近の動向
トップページへ戻る