TOP > オープンセミナーを探す > 情報システムグループ会社、保守サービス会社のためのIoT活用による新規サービスビジネスのつくり方

情報システムグループ会社、保守サービス会社のためのIoT活用による新規サービスビジネスのつくり方 (4119314)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

情報システムグループ会社、保守サービス会社のための
IoT活用による新規サービスビジネスのつくり方

◆本講座の特徴◆
1.IoT活用によるサービスビジネス変革や新規創造における日本の現状と
  課題、特に保守・運用業務などに関わってきた企業向けに、やるべきことを意識改革することができる!

2.新しいサービスビジネスを具体的にどのように考え、作り出していくか
  メソドロジーを理解することができる!

日時

2019年9月10日(火) 10:00-17:00

カテゴリー

IS戦略策定・IS戦略評価・IS企画・IS企画評価専門スキル

講師

宗雅彦 氏
(株式会社サイクス 代表取締役・プリンシパルコンサルタント )
システム思考とデザイン思考を統合したビジネスモデル創造体系の研究・普及活動を基盤に、IT活用による経営変革/生産性向上/デジタルトランスフォーメーションの推進と人材育成を支援。
国際NPO団体IIBA(カナダ・トロント)にてBABOK(ビジネスアナリシスの知識体系ガイド)バージョン3(英語版)開発リーダー。JISA(情報サービス産業協会)「ビジネスアナリシス部会(2014年委員会)」委員。「ITエンジニアのためのビジネスアナリシス」、「ソフトウェア要求」、「アジャイルソフトウェアマネジメント」、「体系的ソフトウェアテスト入門」など訳書、多数。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

情報システムグループ会社または、保守サービス会社の経営層、管理者リーダークラスの方など 初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

25名

補足資料

セミナ参考資料.pdf

ITCA認定番号

申請中

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

情報システムグループ会社、保守サービス会社のための
IoT活用による新規サービスビジネスのつくり方


◆趣旨◆
保守や運用業務は、超上流工程に繋がるノウハウの塊であり、専門性も有します。
しかし、現状は日々の大量業務とルーチンワークに追われ、組織として、新サービスビジネスを
検討するところまで至らないのが現状です。
世界的にDX(デジタル・トランスフォーメーション)と呼ばれる変革が進む中にあって、
そもそもの存在意義を問われている企業も多いのではないでしょうか。

一方、サービス産業の生産性が日本の2倍と言われる米国では、《ものづくりビジネス》の領域においても、
「AI・IoT活用による新規サービスビジネス創造」の動き、すなわちDXが急速に進んでいます。
これによって、米国の《ものづくり企業》は、新しい収益を生み出し、事業の革新を進めているのです。

しかし、日本においても、《ものづくりのビジネス》から《ことづくりのビジネス》への変革や
《DX》が意識されていながら、その動きは遅々として進みません。
その最大の理由は、わたしたちがDXの本当の意味を知らず、また、「IoT活用による新規サービスビジネスを創造する方法」
を知らないことにあります。

そこで、今回は特に保守・運用業務を強みとしている情報システムグループ会社や保守サービス企業向けに、
そのノウハウを活用しつつ、IoT活用で新しいサービスビジネスをつくりだすために何をすべきか、
米国企業の動向も踏まえながら、DX、すなわち「IoT活用による新規サービスビジネス創造」の動向と
その仕組みや、これをすすめるための「方法・メソドロジー」を解説するとともに、
そのワークショップを行う講座を開催いたします。


◆内容・スケジュール◆
1.歴史から教訓を学ぶ~なぜ日本の電子産業は崩壊したのか?

 日本の電子産業でかって起きた深刻な事態
 日本の電子産業・命運を分けたひとつの企業行動とは
 どのようにして、それは日本の電子産業を破壊したのか
 なぜ、米国企業はイノベーションを起こすことができたのか
 生産性の意味を知らない日本人
 日本のIT活用・その深刻な現状

2.いっこうに進まない日本のDX~わたしたちには何が不足しているのか

 DXとは何か
 DXとは何をもたらすものか
 DXの本当の意味を知らない日本人
 不都合な未来図から~迫りくる経済危機~繰り返してはならない

3.《方法》こそが未来創造に向かうための武器なのです

 《方法》こそが次の一歩を指し示す道しるべなのです
 DXを進めるための《方法》とは何か
 これだったらわたしにもできる~ビジネスモデルの構想企画メソッド
4.IoT活用による新規サービスビジネス創造ワークショップ
 
 製造業・機器販売保守ビジネスモデルの変化のトレンドをつかみ取ろう!

 ワークショップ①:
 機器販売保守ビジネスモデルのサービスビジネス化をやってみよう
 
 ワークショップ②:
 保守サービス組織のトランスフォーメーション、その目指すべき姿を描き出そう!
 
 ワークショップ③:
 IoT活用によるサービスビジネスのデジタル・トランスフォーメーション
 製造業サービスビジネスの未来図をつかみ取ろう!

――――――――――――――――――――――――――――――――――
【宗先生の DX時代の生産性向上・新サービスビジネス創出セミナーシリーズ】
あわせてご参加いただけるとより効果的です。ぜひご参加ください!

☆現状業務の見える化から始める「業務改善・生産性改革」のすすめ方
2019年10月2日(水) 10:00-17:00
https://juasseminar.jp/seminars/view/4119308

☆~DX推進!~企画段階からの「テスト改革」のすすめ方
2019年11月29日(金) 10:00-17:00
https://juasseminar.jp/seminars/view/4119125

 
お申し込み
トップページへ戻る