TOP > オープンセミナーを探す > ビジネスブロックチェーンの概要と活用事例

ビジネスブロックチェーンの概要と活用事例 (4119351)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本セミナーでは、仮想通貨ではない、ビジネスブロックチェーンのしくみと実際の活用事例を解説していきます。さらに、今後どのような業種で活用されていくかも説明いたします。最後に、実際のビジネスブロックチェーンのシステムのデモにより、ブロックチェーンの実際をご覧いただきます。

日時

2020年1月29日(水) 13:00-17:00

カテゴリー

IS導入(構築)・IS保守専門スキル

講師

長瀬嘉秀 氏
(株式会社テクノロジックアート 代表取締役 明星大学情報学部講師)
1986年,東京理科大学理学部応用数学科卒業。朝日新聞社を経て、1989年、株式会社テクノロジックアートを設立。
OSF(OPEN Software Foundation)のテクニカルコンサルタントとしてDCE(Distributed Computing Environment)関連のオープンシステムの推進を行う。
OSF日本ベンダ協議会DCE技術検討委員会の主査を務める。現在、株式会社テクノロジックアート代表取締役。
UML Profile for EDOCの共同提案者、ISO/IECJTC1 SC32/WG2委員、
UMLモデリング推進協議会(UMTP)理事、電子商取引推進協議会(ECOM)XML/EDI標準化調査委員。
明星大学情報学部講師。中国浙江大学客員教授。

参加費

JUAS会員/ITC:22,000円 一般:28,080円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(日本橋堀留町2丁目ビル2階)

対象

情報システム部門のシステム企画担当者中級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定時間

4

主な内容


ブロックチェーンというと、仮想通貨を思い浮かべますが、IT技術として、仮想通貨以外でもとても有用なしくみです。特に、改ざん防止、ポイント管理、トレーサビリティーに必要な基本機能を備えています。IoT、AIと並んで、今後はビジネスブロックチェーンが具体的な活用時期にはいります。実証実験からいよいよ本番システムとしての構築が始まります。

本セミナーでは、仮想通貨ではない、ビジネスブロックチェーンのしくみと実際の活用事例を解説していきます。さらに、今後どのような業種で活用されていくかも説明いたします。最後に、実際のビジネスブロックチェーンのシステムのデモにより、ブロックチェーンの実際をご覧いただきます。


<内容>
1.ビジネスブロックチェーンとは
2.ブロックチェーンの特徴
3.ブロックチェーン活用のポイント
4.契約(スマートコントラクト)
5.改ざん防止
6.ビジネスブロックチェーンプラットフォームRablockの概要
7.活用事例(医療ブロックチェーン:日本医師会)
8.活用事例(電力エコポイント実証実験:環境省)
9.サプライチェーンでの活用(RFID)
10.ビジネスブロックチェーンのデモ
トップページへ戻る