TOP > JUASラボを探す > デジタル記録(文書・画像・音声)・紙記録の永久保存戦略と方法

デジタル記録(文書・画像・音声)・紙記録の永久保存戦略と方法 (4719009)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

デジタル記録(文書・画像・音声)・紙記録の永久保存戦略と方法
-記録長期保存のベストプラクティスを探る

企業における永久保存文書の保存方法の最新動向を解説し、併せて企業のこれからの書類保存態勢について解説します。

日時

2019年10月28日(月) 13:00-16:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

小野定康 氏
(株式会社サペレ  代表取締役 )
元NTT研究所特別研究室長、元慶應義塾大学教授

参加費

JUAS会員/ITC:3,000円 一般:3,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

書/音/画像/映像記録の長期保存とネット利用に興味がある方 もしくはこれらの記録メディアの保管場所のコスト・スペースの問題解決を望む方中級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※JUASラボはITC実践力ポイント対象のセミナーではありません。

お申し込み

主な内容

1 デジタルデータ記録デバイスの発展と将来
2 デジタルデータ記録デバイスの寿命
3 クラウドストレージサービスの現状
4 記録方式の標準化動向
5 電子記録の長期保存に向けた動き
6 デジタル化の方法と保存リスク
7 電子的保存とフィルム
8 企業における記録保存仕組み・仕掛けの構築
9 製品・ツールと選定基準
10 永久保存システムの事例
11 ブロックチェーンを利用した保存システム
 
お申し込み
トップページへ戻る