TOP > JUASアカデミーを探す > 【会員限定・無料!JUASアカデミー】ビジネスに直結する攻めのIT人材育成~i コンピテンシ ディクショナリの活用~

【会員限定・無料!JUASアカデミー】ビジネスに直結する攻めのIT人材育成~i コンピテンシ ディクショナリの活用~ (3819023)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

「5年後、あなたの会社は生き残れますか?
ビジネスに直結する攻めのIT人材育成~i コンピテンシ ディクショナリの活用~

i コンピテンシ ディクショナリを活用いただくことを目的に、企業のIT部門、人材育成や教育担当者・経営者の方々を対象に最新情報や活用事例をご紹介いたします。

日時

2020年2月17日(月) 15:00-17:00

カテゴリー

事業戦略策定・事業戦略評価 IS戦略策定・IS戦略評価・IS企画・IS企画評価 共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査ヒューマンスキル

講師

遠藤修 氏
(一般社団法人iCD協会  常任理事 )
石井裕二 氏
(三菱ケミカルシステム株式会社  執行役員 管理本部長 )

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

開催形式

講義

定員

50名

取得ポイント

※JUASアカデミーはITC実践力ポイント対象セミナーではありません。

主な内容

デジタルトランスフォーメーション時代に入り、多くの企業で事業の改革やイノベーションへの挑戦がなされています。
事業環境の急速な変化に向き合うためには、経営者自身が変革に取り組みためにコミットメントを持ち、組織の意識、体制、人材に対する環境整備、意思決定のあり方が重要となってきます。

変化に的確に対応するために、経営者は何から始めるべきなのでしょうか。
「2025年の崖」を迎える5年後、会社が生き残るには、何が必要なのでしょうか。
ここでは、i コンピテンシ ディクショナリ(iCD)を用いたAs-IsとTo-Beを見据えた具体的な現状分析(経営・業務・人材)の明確化と、その結果起こる成果についてお話しいたします。

iCDとは、IPAが2014年より公開しているITを利活用するビジネスに求められる業務(タスク)とそれを支える人材の能力や素養(スキル)を「タスクディクショナリ」「スキルディクショナリ」として体系化したものです。

変化する経営戦略など組織の目的に応じて、自社の経営・業務改善、人材育成に活用できる辞書、iCDの成り立ちや具体的な活用方法をご紹介し、実際にiCDを活用している企業様の事例を通じて課題解決のヒントをご紹介いたします。


■プログラム

15:00~15:10 イントロダクション

15:10~16:00 「ビジネスに直結する攻めのIT人材育成~iCDの活用~」
一般社団法人iCD協会 常任理事 遠藤 修氏

16:00~16:30 「社員一人ひとりが成長を実感できる会社を目指して~iCDを「成長・育成」の強力なエンジンに~」
三菱ケミカルシステム株式会社 執行役員 管理本部長 石井 裕二氏

16:30~17:00 質疑応答
トップページへ戻る