TOP > 講師一覧

講師一覧

足立 英治担当セミナー・イベント
株式会社フォース・トランキル 代表取締役 
1978年日本ユニシスに入社、生産管理システムの開発等に従事、その後食品原材料メーカーに転職、購買、営業、人事、情報システム、経営企画、総務等のマネージャーを経験。1997年独立。国産ERPメーカーで、プロジェクトマネージャー、業務コンサルタントとして活動をおこなうかたわら、人事コンサルタントとして、人事制度、人事評価制度、人材育成体系の再構築を、上場製造業、SI等でコンサルティング活動に従事、研修講師としては、リーダシップ、ファシリテーション、プレゼンテーション等の研修で、上場企業から、中小企業まで、300社以上での実施経験を有する。
石橋 正利担当セミナー・イベント
株式会社総合教育研究所 代表取締役社長 
新潟市に生まれる。獨協大学卒業後、株式会社リコーに入社し、コンピュータ事業部に所属。リコー販売会社の営業マネージャーを体験した後、本社販売計画部門で販売促進・商品企画のスタッフ業務にたずさわる。業績至上主義の反省から、「人間学」に興味をもち人財開発・組織開発をライフワークとする株式会社総合教育研究所を昭和62年に設立し、代表取締役として現在に至る。 
組織に依存して生きる人生から、組織に貢献する人生へ。人間に与えられている無限の潜在能力を引き出し、個々の使命・役割の実現に邁進する自立して生きる人生への転換を理念とした人材開発を推進している。さらに、日本経営品質賞の評価基準に基づいた組織文化の醸成や人材が育つ人事システム等を総合的にコンサルティングしている。
稲垣 実担当セミナー・イベント
学校法人船橋情報ビジネス専門学校  IT推進経営研究室 室長 
東京学芸大学教育学部卒業後、中堅広告代理店の企画営業職として イベント企画に3年間携わり、船橋情報ビジネス専門学校に入社。 担当業務を効率的に実行するために情報活用を積極的に取り組み、 実務を通じて戦略的IT活用を学ぶ。 現在、同校の教育に携わるほか、IT推進経営研究室長として、大手システムベン ダーの中堅人材育成や銀行やホテルチェーンのIT人材育成、千葉県情報サービ ス産業協会加盟各社の新人技術者育成など、IT系の産業教育や企業内人材育成 に携わる。 2001年ITコーディネータ協会登録インストラクタ、2005年情報処理推進機構 (IPA)IT人材育成教材開発リーダー、2008年UISS研修WGリーダー、経済産業省 専門家コミュニティ受賞。上級システムアドミニストレータ連絡会正会員。
稲垣 隆一担当セミナー・イベント
稲垣隆一法律事務所  弁護士 元情報システムの信頼性向上のための取引慣行・契約に関するタスクフォース委員

昭和28年10月生まれ 東京都出身。早稲田大学法学部卒業。東京地検検事等を経て第二東京弁護士会弁護士登録。海事補佐人・税理士登録(東京税理士会麹町支部)情報関連では、公認システム監査人(CISA)。システム監査学会個人情報保護専門監査人。もとISMS主任審査員登録。

上田 志雄担当セミナー・イベント
東京ガスiネット株式会社 営業ソリューション部 エネルギーソリューション営業支援プロジェクト マネージャ 
1988年、日本国際通信(現:ソフトバンクテレコム)入社。2003年からティージー情報ネットワーク(現:東京ガスiネット)に勤務し、アンテナ建設からシステム開発まで幅広い分野のプロジェクトを経験。2007年よりシステム技術部 アプリ基盤グループ マネージャーを経て、2017年より現職。日本情報システム・ユーザー協会主催「ソフトウェア文章化作法」講師。
主な著書に「プロマネやってはいけない」(日経BP社)、「要求を聞き出す技術」(JUAS出版)、「ITエンジニアのための伝わる文章力ドリル」(日経BP社)。
上野 則男担当セミナー・イベント
システム企画研修株式会社  代表取締役 
1961年 東京大学 経済学部卒業、帝人(株)入社、経理、営業管理、システム担当。1969年 社団法人日本能率協会入職 システムコンサルタント。1984年 マインドリサーチ(株)創業、システム企画方法論MIND-SAを200数十社に提供。2002年 システム企画研修(株)創業 代表取締役。
植松 隆多担当セミナー・イベント
株式会社マネジメント・ファクトリー  代表取締役社長 一般財団法人建設産業経理研究機構 客員研究員
1954年、愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大手鉄鋼会社に20年余り勤務して、鉄鋼・新規事業・ITソリューションビジネスに従事。財務部門を出発点に、マーケティング・広報・事業管理・事業再建などを経験して、数々の計数分析技法を開発。退職後は外資系コンサルティングファームを経由して、経営コンサルタントとして独立。マネジメントに関する理論の確立から現場計数分析まで、広範囲な活動を展開中。
上山 勝也担当セミナー・イベント
株式会社上山システムラボラトリー  代表取締役 
民間企業のユーザー部門を経験後、豊田工業大学工学部制御情報工学科を首席で卒業。民間企業の情報システム部、(株)オープンシステム研究所、伊藤忠テクノサイエンス(株)を経て独立。現在は(株)上山システムラボラトリー代表取締役として、LANやイントラネットシステムの設計・運用・教育などのコンサルティング活動を展開。「無駄な出費をしないために、今あるシステムを有効に使っていく、システムの更新をするにしても将来にわたって無駄のない設計や改善を行う。そしてそれを支える要員の育成をしていく。お客様といっしょにシステムを適切に発展させる。」のが基本的なスタンス。 
<主な資格>オンライン情報処理技術者、ネットワークスペシャリスト、システム監査技術者
大島 正善担当セミナー・イベント
MBC(Method Based Consulting)  代表コンサルタント 
一般社団法人ICT経営パートナーズ協会 理事・事務局長
日本IBM社にて、ソフトウェア・エンジニアリングおよび品質管理に関する仕事に長年従事。また、EA体系に基づく官庁の最適化計画の策定や、企業のビジネス・モデリングの仕事にも従事。ここ数年は、ユーザー主体開発の観点から、ユーザー企業の人材育成と、システム開発のイノベーションを推進する活動に従事。ICT経営パートナーズ協会、超高速開発コミュニティ、日本データマネジメント・コンソーシアム、情報システム学会などに所属。著書:「超高速開発が企業システムに革命を起こす」など。
尾田 友志担当セミナー・イベント
マネジメントテクノロジーズ,LLC  代表 
株式会社 日本エル・シー・エー 経営開発部 コンサルタント、青山監査法人/Pricewaterhouse Coopers(現 あらた監査法人)ディレクターを経て、現在、マネジメントテクノロジーズ, LLC 代表。
<専門分野>経営工学(統計・オペレーションズリサーチ)、財務・管理会計
加藤 高敏担当セミナー・イベント
加藤労働市場・派遣研究所  所長 
平成4年から平成24年まで、社団法人日本人材派遣協会勤務。在職中、財団法人高年齢者雇用開発協会(現独立行政法人高齢・障害者支援機構)「高齢者の派遣就業における実態と今後のあり方に関する調査研究会」委員、健康保険組合連合会「就業構造・雇用形態の多様化が医療保険制度に及ぼす影響等の調査研究」検討委員会委員、財団法人東京しごと財団「シルバー人材センター等一般労働者派遣事業研究会」委員、独立行政法人高齢・障害者支援機構「人材派遣業における障害者雇用推進事業委員会」委員、その他各種団体の委員会委員を歴任
加藤 和宏担当セミナー・イベント
Learning and Performance コンサルティング有限会社 代表取締役 
㈱ビジネスコンサルタントに入社し、法人企画営業を担当し営業マネジャー、マネジャーコンサルタントを経て、現在、Learning and Performance コンサルティング㈲ 代表取締役、一般社団法人サードビジョン 代表理事。㈳全日本能率連盟 マスターマネジメントコンサルタント取得 IPIE(ビジネスプロセス革新エンジニア)取得 ビジネスコーチ㈱ BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ取得 ㈱ジェムコ日本経営 経営コンサルタント。
  <専門分野>戦略開発、変革マネジメント、業務革新、チームマネジメント、エグゼクティブコーチング。
河尻 直己担当セミナー・イベント
KNコンサルティングオフィス 代表 
株式会社電通国際情報サービス、ならびにアビームコンサルティング株式会社を経て、現在に至る。 数多くの大規模プロジェクトのプロジェクトマネジメントを担当。また組織責任者として多数のプロジェクト管理に関わった他、PMO部門の創設ならびに運用をおこなう。 現在、PMの育成、PMO強化、ならびにIT戦略立のコンサルティングを実施。米国PMI/PMI日本支部会員、ならびにプロジェクトマネジメント学会会員、PMP、情報処理技術者(プロジェクトマネージャ)
佐藤 義男担当セミナー・イベント
株式会社ピーエム・アラインメント 代表取締役社長 PMI認定PMP 
石川島播磨重工業(現IHI)にて、CIM(コンピュータ統合生産)アプリケーション、原子力発電所検査データ収集・処理システム、AI(人工知能)応用システムなどの開発経験16年。日本ディジタルイクイップメントにて、プロジェクトマネジメント実践経験を活かして、新規顧客向けSIビジネスのプロジェクト・マネジャーとして指揮・監督を行う。
現在、㈱ピーエム・アラインメントを設立し、企業向けにPMコンサルティング・サービス
(PM教育、PMO業務支援、アセスメント支援)を提供。
2013年10月に「PMI年間最優秀教育プロバイダー」として表彰された(日本初)。

日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)副理事長、PMI会員
著書「改訂新版PMBOKによるITプロジェクトマネジメント実践法」ソフト・リサーチ・センター社
共著「IT分野のためのP2Mプロジェクト&プログラムマネジメント ハンドブック」日本能率協会マネジメントセンター
共著「思いやり型リーダーシップ」サイバー出版センター
塩田 宏治担当セミナー・イベント
株式会社クリエビジョン  代表取締役 一般社団法人IIBA日本支部 研究担当理事 

NTTデータを経て、ソニーグループにおいて多くのグルーバル大規模業務改革プロジェクトを推進。現在に至る。

諏訪 良武担当セミナー・イベント
ワクコンサルティング株式会社  常務執行役員エグゼクティブコンサルタント 

京都工芸繊維大学大学院修士課程修了。オムロン株式会社(当時立石電機)にて、CADやBOM、組み込みソフトウェアなど開発環境関連のシステム開発に従事。当時の通産省のシグマプロジェクトに出向、マイコン開発の効率化、ΣOS開発のマネジメントに従事。オムロン株式会社の情報化推進センター長としてグローバルな情報活用を推進。オムロンフィールドエンジニアリング㈱の常務取締役として、フィールドサービス会社の企業改革をリードし、オフィスオートメーション協会から IT総合賞、リックテレコム社の第1回コンタクトセンターアワードでマネジメント賞の金賞、CRM協議会からマネジメント改革賞を受賞。大企業、中堅企業の企業改革プロジェクトやフィールドサービス、コールセンターサービスのコンサルティングを担当。ワクコンサルティング(株) に参加。国際大学グローバルコミュニケーションセンター上席客員研究員、情報処理学会「ソフトウェアジャパン201X」運営委員、多摩大学大学院客員教授。これまで過去の経験や習慣に頼り、形として見えなかったサービスや顧客満足(CS)を科学的に分析(見える化)し、日本企業が課題とするサー ビス分野の競争力アップに必要な方法論を提唱。

関 弘充担当セミナー・イベント
ヒューマン&クオリティ・ラボ 代表、元 富士通(株)人材開発部 シニア・レクチャラ JSEE認定
1967年、富士通株式会社に入社。第三次オンラインバンキング等の大規模プロジェクトのマネジメントにかかわる。近年、システム部門のプロセス改善に従事し(主席部長、品質保証部長)、SI分野で日本初の CMM®レベル5を達成し、社長賞及び品質賞を受賞。その後、同社マーケティング本部人材開発部において、プロの育成指導業務や品質改善コンサルテーションに従事。2011年、富士通を退職。現在、特に「人間力」にこだわった活動に注力しており、学会への論文発表及び講演・セミナー活動を実施している。
竹政 昭利担当セミナー・イベント
株式会社オージス総研 ビジネスイノベーションセンター センター長補佐 
1985年中央大学法学部法律学科卒業後、独立系IT会社にてAI(人工知能)関係のシステムの開発に従事。
1994年株式会社オージス総研入社後はオブジェクト指向システムの開発を中心にコンサルティング、開発者向けトレーニング、セミナーの講師を行う。
1998年よりUML技術者認定制度の立ち上げ及び運用に携わり、
2003年にUMLモデリング推進協議会(UMTP)が設立してからは、UMLモデリングの普及活動を行っている。
また最近は、企業へのソーシャルメディアの導入、IT資産価値評価などの活動を行い、デザイン思考の導入に注力して いる。
■資格:情報処理特種
寺池 光弘担当セミナー・イベント
株式会社CACマルハニチロシステムズ  総務部 人材育成担当 
・株式会社シーエーシーにて、食品・製薬メーカー向けシステム開発、
 コンサルティングおよび運用サービス業務改善を経験後、
 グループ会社のCACエクシケア、CACマルハニチロシステムズにて人材育成活動に従事
・名古屋大学卒、英国レスター大学MBA、情報処理技術者試験委員
永井 一美担当セミナー・イベント
オレンジコミュニケーション・サポート 代表 

1976年、日本システムウエア株式会社入社。当時、日の丸コンピュータとして電電公社・富士通・日本電気・日立製作所が共同で開発をしていた「DIPSプロジェクト」に技術者として携わる。その後、システムインテグレーション部隊のマネージャーなど、情報システム構築に関わる。しかし、請負ではなくアメリカが成功している「ソフトウェアの可能性」を追求すべく、“2000年問題”収束後の6月にアクシスソフト(現在、合併によりオープンストリーム)に転職し、製品事業の立ち上げに尽力。2006年に代表取締役社長に就任。入社時より携わったリッチクライアント/RIA製品は国産ではトップシェアとなった。また、MIJS(Made In Japan Software consortium)理事としてワークショップで各社製品紹介を担当。ソフトウェアベンダーの知財権をサポートする日本IT特許組合では理事長を歴任。2011年9末にアクシスソフト代表を退任。2014年8月、日本ネクサウェブ株式会社COOとして再びRIA事業に参画。一方ライフワークとして、オレンジコミュニケーション・サポートにてプレゼンテーション研修、ヴォイス・トレーニング、タイピング研修、記事執筆を行っている。

トップページへ戻る