TOP > オープンセミナーを探す > オフィスの生産性を劇的に向上させる業務改革手法

オフィスの生産性を劇的に向上させる業務改革手法 (4119016)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

オフィスの生産性を劇的に向上させる業務改革手法-RPA導入前にすべきことと働き方改革の実践

オフィスの業務改革に取り組む際、改革目標数値を事前に設定した上で進めていますか。そして、その目標に対する達成度を評価できる仕組みを持っていますか。改革の成功とは、改革開始前に見積もられた改革目標数値(あるべき姿)に対して改革の結果(あるがまま姿)が到達しているかどうかで評価するべきですが、改革開始時の事実と改革の結果(共にあるがままの姿)を比較して成功と称しているケースが散見されます。本セミナーでは、多くの経営者が期待している「経済効果を回収できる業務改革」の進め方についてお話させていただきます。生産性という概念を使って測定をベースに業務改革を進めたいと考えている方を対象にしています。

日時

2019年4月2日(火) 10:00-17:00

カテゴリー

業務遂行スキル専門スキル

講師

坂本裕司 氏
(株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ  代表取締役  ヒューマン・パフォーマンス・エンジニア)
米国ISPI(ナレッジワーカー・ホワイトカラー生産性向上研究団体)日本支部プレジデントを経て現在に至る。ワーカーの生産性向上技術開発・運用をサポート。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

業務改革を担当する方中級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9344

ITCA認定時間

6

主な内容

1 オリエンテーション-マネジメントの変遷
 -競争優位の変遷
 -働き方改革の狙い
 -企業の競争優位性
 -人材の競争優位性
 -業務の競争優位性

2 マネジメント
 -「マネジメントができている」とは-その定義
 -組織の実態を見てみよう
 -何ためにどこをマネジメントするのか
 -マネジメント=内部努力
 -経営資源(=時間)の内部努力有効度を測定する見方-生産性
 -測る化

3 業務改革
 -「効率」重視と「効果」重視
 -経営資源の低減から経営成果増へ
 -劇的に変わる、変える
 -生産性の定義と生産性が高い状態とは
 -基本機能(アウトプットの増大に直結する機能)と補助機能
 -成果に応じて基本機能の定義は異なる
 -潜在コストを客観的に捉えていますか
 -人件費管理から機会利益運用へ
 -生産性を向上させるステップ-Process(P1)×Performance(P2)×Utilization(P3)
  -物事には正しい順序がある
 -ハーズバーグの二要因理論
 -取り組み効果(実例)
 -仕事の種類と区分
 -E→C→R→S

4 業務改善(P1=プロセス面)
・ステップ
 -業務「分類」→事実「測定」→「問題」抽出→現場「改善」
・分類
 -仕事の分類
 -分析8レベル
 -業務管理粒度と基本機能の関係
 -業務区分の考え方
 -基本機能定義書
 -期待される成果
・測定
 -測定できないものはマネジメントできない
 -測定方法
 -ランダムだから全体が見える
 -信頼度と回収サンプル数
 -測定結果-基本機能比率、業務単位などいろいろな業務実態
 -測定結果-感情実態
 -改善値の設定
トップページへ戻る