TOP > オープンセミナーを探す > ヒューマンエラー防止のための品質マインドの向上方法と改善活動

ヒューマンエラー防止のための品質マインドの向上方法と改善活動 (4119225)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

ルールを強化するだけでは「失敗の構図」をつくり出すだけである
ヒューマンエラー防止のための品質マインド醸成方法と改善活動
~負の連鎖を断ち切る鍵は「わくわく」感と「人間重視の仕組」に有り~
~「人間力の醸成と発揮」を促す「人を動かす仕組」の考案

本セミナーは「命令でヒューマンエラーを防止することは難しい」、人間は外的要因ではなく内発的な『意欲』や『やりがい』によって動機付けされるとの理念に基いて構成しています。「ケーススタディ」や「ワークショップ」を楽しく体験しながら「品質マインド醸成法」、「動機付け法」等について学んでいただくと共に、セミナー教材を職場で即、活用できる内容にいたします。

日時

2019年4月8日(月) 10:00-17:00

カテゴリー

IS運用 業務遂行スキル専門スキル

講師

関弘充 氏
(ヒューマン&クオリティ・ラボ 代表、元 富士通(株)人材開発部 シニア・レクチャラ(シニア品質Director))
1967年、富士通株式会社に入社。第三次オンラインバンキング等の大規模プロジェクトのマネジメントにかかわる。近年、システム部門のプロセス改善に従事し(主席部長、品質保証部長)、SI分野で日本初の CMM®レベル5を達成し、社長賞及び品質賞を受賞。その後、同社マーケティング本部人材開発部において、プロの育成指導業務や品質改善コンサルテーションに従事。2011年、富士通を退職。現在、特に「人間力」にこだわった活動に注力しており、学会への論文発表及び講演・セミナー活動を実施している。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

人間を主体にした作業や運用に従事している方。
リーダー、マネージャー、品質管理担当者、人材育成担当者、組織的な改革に携わっている方など中級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9109

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

ルールを強化するだけでは「失敗の構図」をつくり出すだけである
「ヒューマンエラー防止のための品質マインド醸成方法と改善活動」
~負の連鎖を断ち切る鍵は「わくわく」感と「人間重視の仕組」に有り
~「人間力の醸成と発揮」を促す「人を動かす仕組」の考案


ヒューマンエラーが発生すると、要領等を強化して反省を迫り、言われたことしかやらない「考えない集団」を生み出し、見事に「負の連鎖」を繰り返してしまいます。ヒューマンエラーは『誰が起こすのか』・・人間です。『誰が防げるのか』と問えば・・『人間が防げる』との考えに帰着するのです。「負の連鎖」を断ち切る鍵は人間にあるのです。

本セミナーは「命令でヒューマンエラーを防止することは難しい」、人間は外的要因ではなく内発的な『意欲』や『やりがい』によって動機付けされるとの理念に基いて構成しています。「ケーススタディ」や「ワークショップ」を楽しく体験しながら「品質マインド醸成法」、「動機付け法」等について学んでいただくと共に、セミナー教材を職場で即、活用できる内容にいたします。講師はSI分野で日本初のCMMレベル5を達成したシステム開発・運用分野の経験者ですが、過去に製造・化学・医療・運輸、原子力発電所等幅広い分野への指導を行ってきております。


■受講後の修得知識:
「負の連鎖を断ち切る鍵」、「ヒューマンエラー防止」のための人的側面の特性、
 ヒューマンエラー防止のための「品質マインド醸成法」など

■内容
第1章 ヒューマンエラーと人間重視
1.1 ヒューマンエラー防止活動の基盤
 1. ヒューマンエラー防止活動と「会社人生の選択」
 2. 人間のタイプと改善活動
1.2 ヒューマンエラー防止と本セミナーの主張
 1. 従来手法でエラーを防ぐことは出来るのか
 2. ヒューマンエラー防止のための本セミナーの主張
 3. 人間の本質と人間重視

第2章 失敗を繰り返さないための「人間力の醸成」

第3章 ヒューマンエラーと人間関係
3.1 ヒューマンエラーと人間関係
 1. 演習1:「トラブルと人間関係」
 2. 「心理学的な知恵」と人間関係の向上
3.2 人を動機付けする(動かす)仕組考案のコツ
 1. 人間重視の思考パターン
 2. 演習2:「人を動かす仕組の考案」
3.3 「動機付けする」ケーススタディ
 1. 演習3:「ケーススタディ:動機付け」
3.4 失敗した際の部下の指導法
 1. 演習4: 「コーチング」診断
 2. メンタリングとコーチング
 3. 改善活動への動機付け(人を動かす再発防止策1)

第4章 ヒューマンエラー防止のための「リスクマインド醸成」 ケーススタディ
4.1 「失敗の構図」と「品質問題の発生」 
4.2 簡単にできる「問題発生防止」ケーススタディ
 1. 「問題管理」と「リスク管理」の相違
 2. 演習5:「ヒューマンエラーとリスクマインド」
4.3 「リスク管理の仕組」事例
 1. 人を動かす「リスク管理」の仕組事例
 2. リスク管理ミーティングの例
 3. 負の連鎖と品質問題の解決
 4. リスクマインドの醸成(人を動かす再発防止策2) 

第5章 ヒューマンエラー防止のための「品質マインド醸成」    ワークショップ
5.1 ミスを防ぐ「品質&改善マインドの醸成」
 1. 「品質&改善マインド」の醸成事例
 2. 演習6:「品質&改善マインド」の醸成
5.2 「わくわく」感を生み出す全員参加型改善活動
 1. 人を動かす「全員参加型改善活動」の仕組事例
 2. 品質マインドの醸成(人を動かす再発防止策3)

第6章 失敗を繰り返さないための「動機付け法&実践法」
6.1 「動機付け」の勘所
6.2 「気持ちへの動機付け」
6.3 「行動への動機付け」
 1. 現場での「動機付け」サイクリカル理論
 2. 演習7:「気楽に実践する実践計画の策定」
6.4 「持続への動機付け」

第7章 まとめ
(注)ケーススタディやワークショップを体験いただき、現場で即、役立つ内容にしたいと考えております。
        
お申し込み
トップページへ戻る