TOP > オープンセミナーを探す > “ユーザーファースト”で考える 課題の見える化と解決策の立案

“ユーザーファースト”で考える 課題の見える化と解決策の立案 (4119312)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

ユーザーのことを第1に考える“ユーザーファースト”による、問題分析~課題の見える化~解決のアイディア~システム化までの一連の流れを、現場で起きている事例をもとにワークを通して学びます。実際に手を動かすことで、“ユーザーファースト”を実現するためのツールや手法を使いこなせるようになります。
※解決策立案のための情報収集用に、PC、スマートフォン等を使用しても構いません。

日時

2019年8月28日(水) 10:00-17:00

カテゴリー

事業戦略策定・事業戦略評価 業務遂行スキルヒューマンスキル

講師

大脇斉 氏
(富士通株式会社 ソフトウェア事業本部 デジタルウェア開発統括部 第三開発部  プロフェッショナルプロダクトエンジニア )
1988年富士通株式会社入社。
2003年より、最新の技術・手法を実践し、社内に展開する業務に従事。
2013年社内システム開発にアジャイル開発を採用し、自ら実践。その経験から得られた知見を活用し、社内へのアジャイル推進(講座開催、現場支援)活動中。その中でも、超上流からUX向上を目指した活動に注力。
2016年認定スクラムマスター取得。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

要求定義、企画業務に携わる情報システム部門、情報グループ会社の方
ユーザーが真に望んでいることを理解し、システム開発につなげたい方初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

25名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

申請中

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

ユーザーファーストとは、ユーザーの言う通りにする、ということではありません。
ユーザーにとって本当にためになることは何か、を常に考えることです。
本講座では、ユーザーファーストで考える事の意味、それをどのように実現するかを学び、
さらにワークを通して実践することで、ユーザーファーストの考え方を現場で活かせるようになります。

講義:
 -なぜユーザーファーストなのか
 -問題分析・課題の見える化の勘所

演習:
 社内ヘルプデスクの問題を題材にし、課題の見える化から解決策の立案までを体験
 -ペルソナの設定
 -カスタマージャーニーマップによる問題分析と解決のアイディア出し
 -アイディアを実現するシステム化案
 
お申し込み
トップページへ戻る