TOP > JUASアカデミーを探す > 【会員限定・無料】OSS最新情報と活用事例 JUASアカデミー

【会員限定・無料】OSS最新情報と活用事例 JUASアカデミー (3819019)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

OSSの最新動向をはじめ、ユーザー企業における OSS利用のメリットやデメリット、利用上でのポイント、活用事例などについてご紹介します

日時

2019年12月9日(月) 15:00-17:00

カテゴリー

IT基盤構築・維持・管理専門スキル

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

JUAS会員会員限定無料特論

開催形式

講義

定員

40名

取得ポイント

※JUASアカデミーはITC実践力ポイント対象のセミナーではありません。

お申し込み

主な内容

1.「OSS鳥瞰図からみる最新OSS動向」(40分)
  NECソリューションイノベータ株式会社 中村桂一 氏
  OSSが一般的になりつつありますが、まだまだOSSの活用に不安をもたれる方
  が多いのも現状です。その様な状況で、日本OSS推進フォーラム・クラウド
  技術部会では、OSS利用者が、より安心感をもってOSSを利活用できるように、
  2012年に作成された「OSS鳥瞰図」 を毎年更新してきました。
  この「OSS鳥瞰図」の変遷からみる最新のOSS動向をご紹介します。

2.「日々の脆弱性情報の担当者への通知をRPAで効率化」(40分)
  株式会社日立製作所  大森瑛智 氏
  社内で活用しているOSSの脆弱性情報をどのように収集していますか?
  CVE等で公開されているOSSの脆弱性情報をいち早く知るには工夫が必要です。
  本セッションでは、商用製品を活用した脆弱性情報の収集、担当者への通知、
  影響調査の状況把握等の、脆弱性情報の管理を効率化した取り組みを紹介します。
  また、この取り組みを運用する中で得たポイントについて共有します。

3.「OSSを利用した機械学習事例(仮) 」(40分)
  サイオステクノロジー株式会社 手塚拓 氏
  二つのガジェット(COZMO:タカラトミー社ロボット玩具、M5Stack:小型万能マイコン)を使い、
  機械学習を使った自動メロディ制作マシン作成の事例を紹介します
お申し込み
トップページへ戻る