TOP > オープンセミナーを探す > システム運用サービス部門のワークスタイル変革のために、意識改革と自己研鑽に挑戦しよう

システム運用サービス部門のワークスタイル変革のために、意識改革と自己研鑽に挑戦しよう (4116148)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

システム運用サービス部門のワークスタイル変革のために、意識改革と自己研鑽に挑戦しよう
~「前向き度・当事者意識診断リスト」によって、自分を見つめ直し、あるべき姿を追求する~

【本セミナーによる期待効果】
・日常の業務遂行態度が「前向き」になり、組織活性化の中心人物として活躍できる
・当事者意識をもったワークスタイル(行動様式)に変革し、自律的に業務を遂行することができる
・「前向きな行動姿勢」「当事者意識と共生」「人としてのバランス力」などの重要性を、具体的に習得できる
・自己研鑽計画の立案・実施に関わる重要性を認識し、自己のあるべき姿を描くことができる
・「お客様の為のサービス」を理解し、営業マンとしての自覚をもって、日常的に業務改善提案を実践できる
・物事を、大所・高所から見ることにより、ワンランク上の目線で、業務を遂行することができる

日時

2016年5月13日(金) 10:00-17:00

カテゴリー

IS運用 共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査 業務遂行スキルヒューマンスキル

講師

堀秀雄 氏
(エイチ・アイ・ティ・コンサルティング   主任コンサルタント )
日本電気株式会社にて情報システムの世界に入る。以来、主に生産管理システムの企画・開発・導入・運用・保守業務に従事。長年、システム運用管理業務領域を担当。その過程においてシステム運用管理業務の体系化と標準化に関わる企画・設計、システムの運用設計と受入審査制度の確立と実施、システム運用管理業務のアウトソーシングの確立と実施、データセンターの企画・設計・設立・運用管理に従事。その後、国内・海外生産拠点(分身会社)の情報システムに関わるコンサルテーションと開発支援。2001年から日本デェイブレイク株式会社で、主にアプリケーションシステムの請負業務に関わる営業活動全般、新規案件に関わるシステム提案、見積業務に関わる具体的な実行と他社案件への見積支援全般に従事。2011年3月に退社し現在に至る。

木賀貞夫 氏
(エイチ・アイ・ティ・コンサルティング    主任コンサルタント  )

日本電気株式会社にて情報システムの世界に入る。以降、生産管理システムの開発・運用・保守、汎用プログラムの企画・開発・普及、その後、海外現地統括法人にIT責任者として延べ9年間赴任し、欧州統括ERPシステムの構築責任者として活動し、現在に至る。


参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(日本橋堀留町2丁目ビル2階)

対象

システム運用サービスに従事する経験年数3~5年程度の主任・担当者
 ・システム運用サービス部門に属することで、生きがいを得て、積極的に仕事をする糸口を見出したい方
 ・現在の業務遂行のあり方に問題を感じており、これを改善し、将来への希望を見出したい方
 ・現在の業務遂行上、自分だけでは解決できない悩みを抱えており、この解決への
  糸口を見出したい方
 ・部門における自分の存在価値をしっかりと認識し、前向きに業務に立ち向かいたい方
 ・他者、他部門を巻き込み、業務を上手く回して成果を出して行きたい方
 ・人間力を向上させることを、具体的に理解し会社に貢献したい方
 ・意識改革、自己研鑽の仕方につき、具体的に理解し、自己革新を図りたい方
中級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9280

ITCA認定時間

6

主な内容

【受講者の声】
・システム運用者と話し合うだけでも良い刺激になった。
 客観的に業務について考えるきっかけになる(製造業情報子会社)
・「運用部門がシステムのライフサイクルを牛耳る」発想が新鮮でした。
 攻めの姿勢が大切だと理解しました(情報通信業)


【研修の内容】
<講義>10:00~14:00
1.システム運用サービス(以下運用サービスと呼称する)とは何かを理解する
2.運用サービスの抱える問題点を探る
  ・運用サービス全般の問題、運用サービスの日常における問題、
   運用サービスを取り巻く環境からの問題
3.運用サービスが抱える問題点と、その本質(課題)を探る
  ・問題と課題を明らかにする、運用サービス全般の問題とその本質を探る、
   運用サービスの日常業務における問題とその本質を探る、運用サービスを
   取り巻く環境からの問題とその本質を探る、問題の本質(課題)を整理する
 
4.「前向きな行動姿勢で仕事をしていない」を考察してみる
  ・このような人が世の中に多く存在しています、世の中は大きく
   ・激しく揺れ動いています、前向きな行動姿勢で活動しない
   組織はいずれ崩壊する、あなたは家畜のような生活を送っていませんか、
   宝塚歌劇団でもこんなことを言っています
5.問題の本質(課題)に対する改善策を探り当てる
  ・前向きな行動姿勢について考察してみる、前向きな行動姿勢について
  自己診断してみる、降りかかる試練から脱却する、日常業務において
  「試考サイクル」を回し続ける、自己研鑽へ積極的に投資する、
  新しい発想で新分野へ挑戦する、前向きな行動姿勢について総括する
6.「当事者意識」と「共生」を醸成する、を考察してみる
  ・「当事者意識」とは何かを考えてみよう、「当事者意識の診断リスト」で
  診断してみよう、「当事者意識」に加え組織人としての「共生」が求められます、
  ちょっとした意識改革が「当事者意識の醸成」と「共生」のカギです
7.演習の為のオリエンテーション
  ・演習の主旨、演習の仕方、問題認識のあり方、プレゼンテーションのあり方
   等を解説する
 
<演習>14:00~16:30
  【演習では、講師がグループ討議の中に入り、適宜、適切にアドバイスし、
   結論が出るよう指導する】
  ・「前向き度診断リスト」「当事者意識診断リスト」により、日々の業務を漫然とこなすだけの
  自分を振り返り、自分が抱える問題点を認識し、リストアップする
  ・リストアップした問題を持ち寄り、グループ討議により、共通する問題から、
  重要問題を探り出す
  (意識改革の必要性と自己研鑽の重要性を、グループ討議によって、共通的に認識する)
  ・重要問題を「何故なぜ分析」し、問題の本質(課題)を探り、課題に対する解決策を探り出す
  ・グループ演習の結果をプレゼンテーションする
  ・以上のことから、意識改革と自己研鑽が、生き残りの絶対要件であることを実感する
 
<講義>16:30~17:00
  ・グループ討議で探り出した解決策を、個人としてあてはめながら、実践方策と
  実行スケジュールを立案することが、自己を革新する重要な要件である 
  (上司に宣言することで確実なものとなる)
  ・個人としての、意識改革、自己研鑽の実践方策と実行スケジュールの見本を
   提示し、解説する
   ・総合的な質疑応答

トップページへ戻る