TOP > オープンセミナーを探す > ビジネスに直結するIT人材の戦略的な育成「iコンピテンシ・ディクショナリ活用ワークショップ」

ビジネスに直結するIT人材の戦略的な育成「iコンピテンシ・ディクショナリ活用ワークショップ」 (4118306)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が提供し、企業の経営戦略などの目的に応じた人材育成に活用することができるi コンピテンシ ディクショナリ(iCD)は、経営改善やIT人材育成のためにITに関する業務の実行状況を「見える化」するためのツールで、現在グローバルに広く活用されています。このたび、iコンピテンシディクショナリ(iCD)導入についての「ワークショップ」を実施いたします。経営プロセスの改善、人材育成や人材活用に力を注がれ、iCDの導入を検討されている企業様のご参加をお待ち申し上げます。
※募集企業数5社限定(1企業あたり5名様)

日時

2018年10月23日(火) 15:00-17:00(キックオフミーティング)
2018年10月26日(金) 14:00-20:00
2018年10月27日(土) 9:00-12:00
2018年11月13日(火) 14:00-17:30
2018年11月30日(金) 14:00-17:30
2018年12月13日(木) 14:00-17:30
2019年1月16日(水) 14:00-17:30
2019年2月13日(水) 9:00-17:00(のうち各社1時間・テイクオフミーティング)

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

一般社団法人iCD協会 ワークショップ講師

参加費

JUAS会員:324,000円 一般:540,000円(1社あたり 消費税込み、テキスト込み)

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

iコンピテンシディクショナリ(iCD)の導入を検討している企業(5社限定・1社あたり2~5名)中級

開催形式

講義、グループ演習

定員

5名

お申し込み

主な内容

<対象>iコンピテンシディクショナリの導入を検討している企業(5社限定・1社あたり5名まで)

<特徴>ワークショップへの参加により、以下のことが実現できるようになります。
・ビジネス/事業のあるべき姿にもとづいた組織の機能(タスク)を定義し、その役割分担を作成する

・組織の役割分担を実現するIT人材像、およびその人材が具備すべき業務遂行能力を定義する
・上で定めた定義類にもとづき、組織の現状を診断・分析(テストアセスメント)、結果をフィードバックして人材育成体系を完成させる
・iCD活用企業認証(シルバー以上)の対象となることができる。

<カリキュラム>

お申し込み
トップページへ戻る