TOP > オープンセミナーを探す > NEW!ハンズオンで学ぶ!クラウド時代の運用管理とセキュリティ対策

NEW!ハンズオンで学ぶ!クラウド時代の運用管理とセキュリティ対策 (4119290)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本セミナーでは、大手ベンダーや外資系企業、ユーザー企業などでセキュリティの専門家として20年以上の経験を持ち、現在、セキュリティエバンジェリストとして活躍する講師が実体験を交えながら、クラウド上のサーバーを安価に守る方法を、演習をまじえ、具体的にお伝えします。 本セミナーにご参加の方は、インターネットにつながるPCをお持ちください。

日時

2019年7月31日(水) 10:00-17:00

カテゴリー

IT基盤構築・維持・管理 共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査専門スキル

講師

面和毅 氏
(SIOSテクノロジー株式会社 執行役員 セキュリティエヴァンジェリスト )
OSSのセキュリティ専門家として20年近くの経験があり、主にOS系のセキュリティに関しての執筆や講演を行う。大手ベンダや外資系、ユーザ企業などで様々な立場を経験。2015年からサイオステクノロジーのOSS/セキュリティエバンジェリストとして活躍し、同社でSIOSセキュリティブログ(http://security.sios.com)を連載中。
現在、サイオステクノロジーのOSS/セキュリティエヴァンジェリスト。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

社内でセキュリティ対策に取り組まれている方
システム管理の経験のある方中級

開催形式

講義、グループ演習

定員

16名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9456

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

クラウドの技術は年々進化し、活用する企業も増え、これからも更なる拡大が見込まれています。そして、「マルチクラウド」環境の進展に伴い、IT基盤の運用管理やセキュリティ対策の複雑化という問題が浮上しています。

本セミナーでは、大手ベンダーや外資系企業、ユーザー企業などでセキュリティの専門家として20年以上の経験を持ち、現在、セキュリティエバンジェリストとして活躍する講師が実体験を交えながら、クラウド上のサーバーを安価に守る方法を、演習をまじえ、具体的にお伝えします。

 ・日々のセキュリティ対策、運用管理とクラウド
 ・脆弱性管理
 ・クラウド上のサーバーを安価に守るためには 等


<内容>
1.クラウドとは
2.クラウドでのセキュリティ侵害の事例
3.実習(演習)
 ・攻撃の手法
 ・どうやって守るか(それぞれのケース)
 ・防御の確認
4.日々の運用をどうするか?



 
お申し込み
トップページへ戻る