TOP > オープンセミナーを探す > 実践!ディープラーニングを体験実習で学ぶ<応用編>ワークショップ

実践!ディープラーニングを体験実習で学ぶ<応用編>ワークショップ (4119337)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本セミナーは「人工知能(AI)基礎講座~ディープラーニングを体験実習で学ぶ」の応用編として開催いたします。

本講座では、オリジナルの実画像データを使い、実際に画像識別ネットワークを設計、作成し、その場でデータ学習を実施しますので、実用的な画像識別ニューラルネットワークを構築し、データの投入・学習・検証までを一貫して学習することができます。
(当日は、PCをご持参ください。また、事前準備については以下の特記事項をご確認ください。)

日時

2019年11月28日(木) 10:00-17:00

カテゴリー

IS活用専門スキル

講師

森出茂樹 氏
(Singular Technologies 代表 )

イノベーションコンサルタント。
技術・経営・企画など多視点からのイノベーションを専門領域とする。前職富士通株式会社では、ARを始めEclipse 
FoundationでのProject設立など、新プロダクトの企画・推進を専門に行う。直近ではAI関連部門をまたぎ企画・研究・開発を行うと共に、社内外累計500余名にディープラーニング教育を実施。実務者コミュニティ構築なども推進。過去から未来を予測できない状況でイノベーションを起こす「エフェクチュエーション」を経験をもとに普及活動中。著述・講演・特許多数。
2018年、Singular Technologies設立。
Singular Technologies>>>https://www.singular-technologies.com/


参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

ディープラーニングの基礎を理解している方 ディープラーニングライブラリの使い方を実践を通じて理解したい方 プログラミングの経験がある方(経験言語は問いません)中級

開催形式

講義、グループ演習

定員

20名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

※参加前に以下の事前準備をお願いいたします。
 ・Windows10 64bit版のPC。(当日ご持参ください。)
 ・Sony サイトからメールアドレスを登録してNNCをダウンロード、解凍・展開(約1GB)。
 ・オリジナル写真データセットのダウンロードして解凍・展開(約1GB)。

※ダウンロードやデータ設定の方法は事前にマニュアルを配布いたします。

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9474

ITCA認定時間

6

主な内容


本講座では、実際に画像識別ネットワークを設計・作成し、その場でデータ学習まで実施するワークショップを行います。
分析には、直感的に設計でき、学習・評価を快適に実現するディープラーニング・ツールであるNeural Network Console(以下NNC)はソニー社の提供するニューラルネットワークを使用します。
具体的には、NNCを使ったチュートリアルを行い、その後オリジナルの牛丼写真データセットを使って、どの店舗の牛丼であるかをデータ学習します。
データ学習結果からレポートを作成しますので、ワークショップ受講成果を職場に報告できます。

※参加前に以下の事前準備をお願いいたします。
 ・Windows10 64bit版のPC。(当日ご持参ください。)
 ・Sony サイトからメールアドレスを登録してNNCをダウンロード、解凍・展開(約1GB)。
 ・オリジナル写真データセットのダウンロードして解凍・展開(約1GB)。

※ダウンロードやデータ設定の方法は事前にマニュアルを配布いたします。

<セミナーの狙い>
 実用的な画像識別ニューラルネットワークを構築し、データの投入・学習・検証までを一貫して学習します。

<主な内容>
1. 午前:環境設定とチュートリアル
(1) ワークショップ進行説明
(2) 演習環境準備
(3) Deep Learning復習
(4) Sony Neural Network Consoleの特徴
(5) チュートリアル実行

2. 午後:画像認識実データ演習
(1) 演習ネットワーク解説
(2) データ入力準備と設定
(3) ネットワーク構造入力
(4) 画像トレーニングとバリデーション実行(1)
(5) 認識結果解釈
(6) ネットワーク改造
(7) 画像トレーニングとバリデーション実行(2)
(8) 認識結果解釈
(9) まとめ

トップページへ戻る