TOP > オープンセミナーを探す > 統計手法を活用した見積りの妥当性評価手法(基礎編)【オンライン受講のみ】

統計手法を活用した見積りの妥当性評価手法(基礎編)【オンライン受講のみ】 (4120193)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

統計手法を活用した見積りの妥当性評価手法(基礎編)
-ソフトウェアコスト見積りの基礎知識
-見積りの妥当性評価の実践

コスト見積りの妥当性はプロジェクトの成功およびプロジェクトの評価を左右します。しかしながら、コスト見積りに関して体系的な知識を元にこれを実行するということは、あまり行われていなかったというのが日本における見積りの現状です。その理由として、妥当な見積りの作成と評価を行うためには、基礎的な統計や固有技術の知識など幅広い専門性が必要となるためです。本セミナーは、コスト見積りの基本を理解し、ソフトウェアの見積りと妥当性評価の方法について学びます。

日時

2021年2月3日(水) 10:00-17:00ライブ配信

カテゴリー

IS戦略実行マネジメント・プロジェクトマネジメント専門スキル

講師

梶山昌之 氏
(株式会社ワイハット  代表取締役  日本ファンクションポイントユーザ会(JFPUG) 国際化担当役員)

日本アイ・ビー・エム株式会社において、品質管理、見積りシステム開発に従事


参加費

JUAS会員/ITC:33,800円 一般:43,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

オンライン配信(指定会場はありません)

対象

◆受講前提条件:統計の基礎的な用語(平均、分散、回帰など)を理解されている方
◆対象:情報システムの開発・保守を担当されるリーダー、プロマネの方 初級

開催形式

講義

定員

15名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

当講座は、緊急事態宣言を受け、オンライン受講のみとなります。

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9323

ITCA認定時間

6

主な内容

◆ 当講座はオンライン参加も可能な講座となります ◆
⇒⇒⇒当講座は、緊急事態宣言を受け、オンライン受講のみとなります。
オンライン参加時のご注意について、本ページ下部にご案内いたします。お申込の前に必ずご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
第1部 ソフトウェアコスト見積りの基礎知識
1.見積りとデータ解析
     その見積りの根拠は/衛星の打ち上げコスト予測/データ
     解析と統計解析/プロジェクト予算の構成要素/アクティ
     ビティ・コスト見積り詳細資料
    
2. コスト評価知識体系(CEBoK)の概要
     コスト評価知識体系(CEBoK)とは/コスト見積りの手法/
     CEプロセスとは
3.CEBoKのソフトウェアコスト見積り
     コストドライバ/コスト見積り関係式(CER)/コストドラ
     イバ-規模/コストドライバ-複雑性/コストドライバー
     能力/再利用可能コードの計測-ESLOC
    
4.プロセス改善と測定プロセスモデル
     プロセス改善に必要な3つの評価要素/プロセス改善のサイ
   クル/プロセス改善の関連規格/測定プロセスモデル/デー
     タ解析の手順/予測モデルの構築の手順/プロセス実績モデ
     ル(PPM)/ベースライン分析/工数予測モデル
5.ソフトウェア規模と生産性の関係
     生産性の定義/VBの生産性は高いか/ファンクションポイン
     ト(FP)とは/FP生産性とSLOC生産性/FP氷山モデル/生産
     性が下がっている/データの表現と平均の技術/生産性は
     規模が大きいほど低下する/生産性の分布/層別とバラツキ
     の関係
 
第2部 見積りの妥当性評価の実践
 
1.平均への回帰と見積り
     回帰の意味は/ソフトウェアの規模と生産性の関係
     見積り関係式(CER)/FPと工数の散布図/両対数散布図/生
     産性区分図と回帰直線/ソフトウェアの規模と生産性の関係
2.重回帰による予測モデル構築
     なぜ多変量解析か/なぜ重回帰分析か/単回帰分析から重回
     帰分析へ/回帰式の良さの評価と変数選択/ダミー変数を用
     いる見積り/交絡と交互作用/重回帰分析を正しく使用する
     ためには
3.予測モデル構築の実践
     実績データが不足している場合は/FP簡易計測値とIFPUG法計
     測値/開発5工程と組織の局面定義との対応/言語テーブル
     の活用/生産性区分図と回帰直線/2要因カテゴリー別散布
     図の活用/生産性要因とモデル化/アプリケーション別散布
     図と回帰分析/分布パターンの検討と回帰分析適用
4.ベンチマークの読み方と活用
     コスト見積りの課題/どの手法を適用すべきか/パラメトリ
     ック法による課題解決/利用可能な外部ベンチマークと特徴
     要求定義完了以前のFP総計値予測/物理機能数の分布/FPの
     推定/業種と生産性/「JUASソフトウェアメトリクス調査」
     の知見と活用/「IPA/SECソフトウェア開発データ白書」の
     読み方と活用/「経済調査会ソフトウェア開発データリポジ
     トリの分析」の特徴と活用
5.見積もりの妥当性評価モデル
     生産性は仕事の効率を表すか/FP生産性の特性と問題点/作
     業効率評価モデル/工数モデルの構築/予測モデルと評価モ
     デル/見積りの妥当性評価モデル/作業効率評価モデルの活
     用/作業効率評価モデルの考慮点および利点
第3部 まとめと質疑応答
-------------------------------------------------------------------------
<<オンライン参加時のご注意>>
・紙媒体のテキストを開催おおよそ7日前に発送いたします。お申込み時に送付先の記入をお願いします。
・開催7日前から開催前日までにお申込の場合、テキスト送付がセミナー開催後になることがあります。ご了承ください。
・ご受講に必要なPC等のハードウェアや通信環境は、ご受講者様ご自身でご用意ください。
・動画や画像、音声の撮影、録画、録音は一切禁止とさせていただいております。
・キャンセル規定は「JUASセミナーキャンセル規定」と同様になります。
 
<<ライブセミナーご受講に際してのご注意>>
・ツールは、ZOOM(https://zoom.us/)を利用いたします。
・ZOOMミーティングID・PWは、開催日前に受講票にてご案内いたします。
・ブラウザまたは、ZOOMをダウンロード(無料)したPCをご利用ください。
ZOOMの紹介>>>https://zoom.us/
ZOOMダウンロード>>>https://zoom.us/signup
・ご参加いただくブラウザによって、制限がある場合がありますのでご注意ください。
・推奨ブラウザ:Google Chrome
(Internet Explorerのブラウザ版では、一部機能の制限があり、受講が難しい可能性があります。)
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443
初めてZOOMをご利用になる場合は、事前に接続テストを実施してください。
下記をクリックするとZoomの接続テストページにジャンプします。
https://zoom.us/test
・ユーザー名は、「お名前(漢字フルネーム)」に設定してください。
・セミナー当日は、15分前から受付開始いたします。待機室に入ってお待ちください。
事務局にて、お名前を確認させていただきます。
・ご参加の方には自己紹介(顔出しを含む)をお願いしております。皆様が不安を感じない
環境で開催をするための対応となりますのでご協力ください。
 
トップページへ戻る