TOP > オープンセミナーを探す > 心を揺さぶり論理で伝わる「話せるプレゼン資料」の作り方【オンライン受講のみ】

心を揺さぶり論理で伝わる「話せるプレゼン資料」の作り方【オンライン受講のみ】 (4121174)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

資料作成がなかなかまとまらず時間がかかり、本番ではうまく話せず伝わらないそんなことはありませんか。本セミナーでは資料を作る時間を短縮し、作り終えたときには内容も頭に入っている、そんな作り方の手順をお伝えします。

日時

2021年5月31日(月) 10:00-17:00ライブ配信

カテゴリー

業務遂行スキルヒューマンスキル

講師

渡辺拓 氏
( サイボウズ株式会社 情報システム部 システム企画 「ゼロスピーチメソッド」開発者 )

参加費

JUAS会員/ITC:33,800円 一般:43,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

オンライン配信(指定会場はありません)

対象

社内・社外で資料に基づき発表・説明をされる方初級

開催形式

講義

定員

15名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

※当講座は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、オンライン受講のみに変更となりました。

当日は下記のものをご準備ください。
・ノート
・赤・青・緑のボールペン

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9480

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

※当講座は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、オンライン受講のみに変更となりました。
■受講形態
ライブ配信(Zoomミーティング)【セミナーのオンライン受講について 】
■テキスト
開催7日前を目途に発送(お申込時に送付先の入力をお願いします)
※開催7日前から開催前日までにお申込の場合、テキストの送付は開催後になることがあります。ご了承ください。

<受講者の声>
・明日からすぐに使えそう。ワーク+講師とのやり取りが多かったのもよかった。資料がない点も講義に集中できた。
・1枚シート(集める・まとめる・行動する)の考え方がプレゼンだけでなく普段の業務にも使用できると感じた。
・無意識に頭の中で作業していることを明示してくださるのでわかりやすい部分があった。
・具体的なワークが多く理解を深めることができた。


資料作成がなかなかまとまらず時間がかかり、本番ではうまく話せず伝わらない…そんなことはありませんか。  
本セミナーでは資料を作る時間を短縮し、作り終えたときには内容も頭に入っている、そんな作り方の手順をお伝えします。

論理で伝わり、心を揺さぶる資料を作り、資料に助けてもらいながら無理せずプレゼンを行うことで、時短・効率化・生産性向上を目指します。 
加えてプレゼン資料のデザイン方法を学びます。プレゼンの 良し悪しは第一印象で9割決まります。一般社会人がデザインをするに当たって本当に学ぶべきことは多くありません。
デザイン理論の中から選んだ「誰でもすぐに使えるデザインルール」で、“一目置かれる資料“を作る方法をお伝えします。 

講師は、エンジニア業のかたわら、全世界2,400万人が利用する世界最高峰の教育プラットフォームでプレゼン講師としてWeb講座を展開。受講生は700名を超え、最高評価・ベストセラーを受賞されています。

◆主な研修内容
 
1 最短の時間で最大の効果をあげる“話せる資料”の作り方  
 ・最重要ーコンセプトの作り方 
・「自己紹介」で学ぶプレゼン構成の基礎
・伝わるプレゼン構成「ABC理論」 
・意図が伝わる論理タイプ別3つの質問 
・話せる資料の4つのパターン  
・ロジックを外さず話す方法
・心を揺さぶる資料のポイント 
・マッキンゼーでも行う「3+1構築法」 
・相手に響く「キーメッセージ」の作り方
 
2 ノンデザイナーのためのプレゼン資料デザイン講座
・プレゼンは見た目で9割決まる
・ノンデザイナーが目指すべき資料 
・デザインにおける3つの勘違い  
・実は怖い、テンプレートの罠  
・印象を変えるフォントの魔術  
・誰でもかんたんカラー・配置ルール  
・資料で”本当に作り込むべき”ポイント  

◆お願い
当日は下記のものをご準備ください。
・ノート
・赤・青・緑のボールペン
お申し込み
トップページへ戻る