TOP > オープンセミナーを探す > well-being実践講座〜well-beingが社員と組織のパフォーマンスを左右する〜【録画視聴+オンラインライブ】

well-being実践講座〜well-beingが社員と組織のパフォーマンスを左右する〜【録画視聴+オンラインライブ】 (4122149)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

リモート勤務が常態化する中、コミュニケーション不全やメンタル不調が課題になっています。一方、変化に柔軟に対応し、社員のエンゲージメントの向上・組織風土の変革、生産性向上を果たしている企業も少なくありません。鍵となるWell-being経営の実践的なノウハウをお伝えします。

日時

2022年7月8日(金) 録画配信開始
2022年7月9日(土)
2022年7月10日(日)
2022年7月11日(月)
2022年7月12日(火)
2022年7月13日(水)
2022年7月14日(木)
2022年7月15日(金) 13:00~17:00ライブ配信、録画配信終了

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査 業務遂行スキルヒューマンスキル

講師

木村玲美 氏
(浜松総務部有限会社  代表取締役 NPO法人しなやかワーク 代表/ABD協会認定ファシリテータ)
リクルート等を経て現職に。ITコーディネータ、産業カウンセラー、メンタルヘルス・マネジメント1種。国土交通省MOTAS刷新可能性検討委員会、経済産業省IT経営教科書策定委員などを歴任する。IT企業の組織開発、人材育成を得意とする。また日経グループでITコーディネータ養成講師、中央災害防止協会東京安全衛生教育センター講師を務める。東京大学職場のメンタルヘルス専門家プログラム修了、日本産業衛生学会会員、ポジティブ・メンタルヘルスによりIT子会社の組織力が向上し2桁の休職者が0になった支援実績を持つ。
 
『JUASひとと組織のwell-beingプロジェクト』、『ABD読書会アクティブ・ブック・ダイアログ』、ABD協会認定ファシリテータ。

参加費

JUAS会員/ITC:33,800円 一般:43,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

オンライン配信(指定会場はありません)

対象

経営層、人事総務部門、教育部門、情報システム部門、部門長、職場のリーダー、チームを活性化したい方、well-being、ポジティメンタルヘルスに興味のある方
*メンタルヘルス、デザイン思考など事前に特別な知識は必要ありません。
*コンサルタント、講師業等外部支援者の方は今回対象外です。初級

開催形式

録画視聴・講義・グループ演習

定員

20名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

特記

・お申込み後マイページより受講票をダウンロードして内容をご確認ください。
・演習や質疑応答でマイクを利用することがあります。ご発言いただける環境にてご参加ください。
*キャンセル規定について、録画開始日を開催日といたします。

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

■受講形態
【2パート構成】
1.録画視聴 【録画視聴のご注意】
2.ライブ配信(Zoomミーティング)【セミナーのオンライン受講について 】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
録画配信期間 :2022年7月8日~2022年7月15日
ライブセミナー開催日:2022年7月15日13:00~17:00
※事前に録画配信を受講された前提でライブセミナーを行います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■テキスト
録画配信日にマイページに掲載
■開催日までの課題事項
録画視聴

リモート勤務が常態化する中、コミュニケーション不全やメンタル不調が課題になっています。
環境が変化しているのに、これまでと全く同じコミュニケーションや組織のあり方をとろうとしていませんか?
 
変化にいち早く対応するための鍵がWell-beingです。社員のWell-being、すなわち社員が自分らしく幸せに生き、働くことを支援することが大事です。
Wel-beingな社員はエンゲージメントが高く、目的意識をもって自律的に仕事に取り組みます。
分散した人々が創造的なプロジェクトを遂行するOSSコミュニティのあり方も参考になります。
 
講師が支援している、Wel-being経営実践企業の事例を紹介しながら、駆使しているさまざまなコツを体感し、お持ち帰りください。

<内容>
社員のWell-being(健康・主観的幸福)の向上を支援するWell-being経営が注目されています。Well-beingな社員は、エンゲージメントが高く、自律的に仕事に取り組みます。
生産性は130%、創造性は300%になるという研究結果があります。メンタル不調にもなりにくいのです。
本講座では、Well-being経営実践企業でのノウハウを、お伝えします。
デザイン思考、AI(アプリシエンティブ・インクワイアリ)、ダイアローグなどの手法を、貴社や貴チームで明日から実践できる形にしてお伝えします。
「考え方や事例を知る」
⇒「手法・ツールを体験する」
⇒「自社・自チームへの展開を考える」という3ステップで進めます。
*使用した教材は各社、各現場で使っていただけるようデジタル配布します。
具体的な使い方の相談などのフォローアップも用意しています。

■​【動画配信】視聴時間(目安)約2時間(演習時間は含みません)
<ステップ1:考え方や事例を知る>
・well-beingとは
・Well-being経営、Well-beingなチームづくり
・well-being経営の実践事例
・リモート勤務・アジャイルが注目される時代のコミュニケーション・チームづくり
・エンゲージメントと測定について
・活用できる手法・ツールの紹介

■【ライブセミナー】:対話型オンライン形式でライブセミナーを実施します。<約4時間>
<ステップ2:手法・ツールを体験する>
・HappyFutureTreeを活用したチーム理念構築
・デザイン思考を活用した職場デザイン
・パターン・ランゲージを活用したチームづくり
・エンゲージメント向上アイデア
・Google社の教材を活用した心理的安全性演習
・ネガティブ感情と上手に付き合う人間関係づくり など

<ステップ3:自社・自チームへの展開を考える>
・展開実践のヒント


<受講者の声>
・システム開発に携わる他社の話には共感することろが多かった。
・何となく感じていたことが整理出来たり、新しい知識をいただいた。
・ポジティブ・メンタルヘルスを組織開発と絡めて実施するということに共感を覚えた。組織開発のために活用したい。
・職場改善部門の所属ではなく、一社員として参加したが、AIのワーク、幸福学のワークともに、ぜひ弊社で少人数から実施したいと思った。
・自分がポジティブになれるスモールスタートができるネタがいっぱいあった。
・問題解決型のアプローチややりがい重視の発想に限界を感じていたため、今後チーム内へフィードバックしていきたい。
・理論等の座学に偏らない、実践された事例の照会を交えながら、進めてくださり理解しやすかった。
・チェック、管理ではなく、仕事の仕方、チームビルディングからのアプローチが良かった。
・組織のパフォーマンスを高めるための考え方が参考になった。難しい内容ではないので、すぐにできることから実践して生産性向上に努めたい!

<<キャンセル規定>>
2パート構成セミナーについては、録画配信日または事前学習配信日を開催日といたします。あらかじめご了承ください。
・土日祝を含む開催7日前から前々日まで…参加費用の50%
・土日祝を含む開催日前日および開催当日(欠席)…参加費の全額
※受講権利チケット利用にてお申し込みの場合
・土日祝を含む開催7日前から開催当日…参加費の全額(必要枚数)
お申し込み
トップページへ戻る