TOP > JUASラボを探す > 【JUASラボ・参加無料】どこまで使える!?超高速開発Liveモデリング

残席わずか

【JUASラボ・参加無料】どこまで使える!?超高速開発Liveモデリング (4718001)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

本当に "超高速開発” は使えるのでしょうか。今回のJUASラボでは、当日、会場の皆様から「開発のお題」を出していただき、その場で「モデリング」して「実装」します。 "超高速開発” どこまで使えるのか、ぜひご覧ください!

日時

2018年3月14日(水) 13:30-17:30

カテゴリー

IS導入(構築)・IS保守専門スキル

会場

TKP秋葉原カンファレンスセンター

対象

情報システム部門の責任者・管理者、システム企画の担当者
超高速開発ツールを活用してみたいとお考えの方
無料初級

開催形式

勉強会

定員

60名

取得ポイント

※JUASラボはITC実践力ポイント対象セミナーではありません。

主な内容

エンタープライズ開発の現場は、皆さんの想像を超えて進化しています。特に、プログラムをかかずにシステムを開発する手法として注目されている"超高速開発”はこの数年、国内での適用事例が増加し続けています。しかし本当に "超高速開発” は使えるのでしょうか。これまでも似たようなキーワードが現れては消えていきました。

そこで今回、実際にどこまで使えるのかをリアルに検証できる企画をご用意しました。なんと当日、会場の皆さんから「開発のお題」を出していただき、その場で「モデリング」して「実装」するというものです。実装時間は1時間という限定で、どこまで使い物になるシステムができあがるのかを見せていただこう、という内容となっています。

いわゆるサクラはいっさい、ございません。会場と開発者によるガチンコの勝負で、どこまで使えるかを体感していただきます。

◆日時
 2018年3月14日(水)13:30-17:30(開場 13:00)

◆会場
 秋葉原カンファレンスセンター ホール7A
 https://juasseminar.jp/halls/view/90

◆対象
 情報システム部門の責任者・管理者、システム企画の担当者
 超高速開発ツールを活用してみたいとお考えの方

◆司会  三輪一郎氏(株式会社プライド シニア・システム・コンサルタント)

◆後援  超高速開発コミュニティ モデリング分科会
    <実装参加企業(ツール名)>
     (株)ウイング (GeneXus)
     (株)ジャスミンソフト (Wagby)
     (有)ディービーコンセプト(X-TEA)
     (株) HOIPOI (TALON)
     マジックソフトウェア・ジャパン(株)(Magic xpa)

◆スケジュール(予定)
    13:30~14:00 テーマ決定
    14:00~15:00 モデリング
    15:00~16:00 実装6チーム予定
    16:15~17:15 発表(1チーム10分)
    17:15~17:30 総評

トップページへ戻る