TOP > JUASラボを探す > 【JUASラボ】4月6日はヨム日:特別企画ABDマラソン

【JUASラボ】4月6日はヨム日:特別企画ABDマラソン (4720002)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

社会や技術は目まぐるしく変化をしています。この変化を的確に捉えることがビジネスや組織運営、自分自身の未来をデザインために必要です。そこで「社会・経済」、「科学・技術」、「ひと・組織」の3分野の注目すべき変化を、ビジネス教養入門知識として効率よく知る場を創りました。
ABDアクティブ・ブック・ダイアローグという、書籍を分担して読み、シェアし、対話する方法で実現します。事前読了・書籍用意・事前知識一切不要です。4/6ヨム日の特別企画です。またABDはマニュアルが無償公開され誰でも実施することができます。社内勉強会での実施などの参考にもなります。

日時

2020年4月6日(月) 1部9:30-12:00、2部13:00-17:00、3部18:30-21:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査 業務遂行スキルヒューマンスキル

講師

木村玲美 氏
(浜松総務部有限会社  代表取締役 NPO法人しなやかワーク 代表/ABD協会認定ファシリテータ)
リクルート等を経て現職に。ITコーディネータ、産業カウンセラー、メンタルヘルス・マネジメント1種。国土交通省MOTAS刷新可能性検討委員会、経済産業省IT経営教科書策定委員などを歴任する。IT企業の組織開発、人材育成を得意とする。また日経グループでITコーディネータ養成講師、中央災害防止協会東京安全衛生教育センター講師を務める。東京大学職場のメンタルヘルス専門家プログラム修了、日本産業衛生学会会員、ポジティブ・メンタルヘルスによりIT子会社の組織力が向上し2桁の休職者が0になった支援実績を持つ。
 
『JUASひとと組織のwell-beingプロジェクト』、『ABD読書会アクティブ・ブック・ダイアログ』、ABD協会認定ファシリテータ。

参加費

JUAS会員/ITC:3,000円 一般:3,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

どなたでも、経営層、人材育成担当、リーダー、技術職、一般社員あらゆる方に。
マネジャーや若手のビジネス教養教育としても非常に有効です。初級

開催形式

講義、グループ演習

定員

30名

取得ポイント

※JUASラボはITC実践力ポイント対象のセミナーではありません。

特記

・事前の読了・書籍用意・事前知識一切不要です。
・3部全て参加頂くことも、部分参加でも可能です。参加費用は変わりません。
・お申込後、マイページ(https://juasseminar.jp/customers/login)の「出欠状況閲覧・更新」ボタンから、現時点でご参加予定の部をお知らせください。

お申し込み

主な内容

4月6日はヨム日:特別企画ABDマラソン
ABDアクティブ・ブック・ダイアローグとはこちら
http://www.abd-abd.com/

1部 9:30~12:00 社会・経済『SDGs』
2部 13:00~17:00 科学・技術『AI人工知能』
3部 18:30~21:00 ひと・組織『スキル・働き方』
*3部全て参加頂くことも、部分参加でも可能です。参加費用は変わりません。
*お申込後、マイページ(https://juasseminar.jp/customers/login)の「出欠状況閲覧・更新」ボタンから、現時点でご参加予定の部をお知らせください。

1部の社会・経済分野はテーマ『SDGs』、2部の科学・技術分野はテーマ『AI人工知能』、3部のひと・組織分野はテーマ『スキル・働き方』とし、それぞれのテーマに合った最新書籍をABDアクティブ・ブック・ダイアローグというというメソッドを使って、分担して読み、シェアし、対話をします。
本のサマリや対話の記録も持ち帰れます。普段あまり本を読まない、本を読むのが苦手、遅いという方も心配いりません。認定ファシリテータが優しく案内します。

以下各分野ごとの対象書籍
 
■1部  9:30~12:00 社会・経済『SDGs』

・書籍『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』
 落合陽一著 2019年11月発刊

SDGsはCSRの延長で捉えるのは間違いである。地球規模の新しい枠組みでありSDGsによってビジネスルールも大きく変わりつつある。本書はSDGsのみならずデジタルテクノロジーによる未来変化も予測し、ファクトベースで書かれている。落合陽一氏はTVにも登場する若手の研究者。光や音や物性や計算機メディアの研究をしている。メディアアーティストでもある。

 
■2部  13:00~17:00 科学・技術『AI人工知能』
AIの基本を知る、AIの最新動向を知る2部構成で2冊の本を読み、ビジネス教養としてしてのAIの基本を知る。

・書籍『超AI入門―ディープラーニングはどこまで進化するのか』
 松尾豊・NHK「人間ってナンだ?超AI入門」著 2019年2月発刊

【AIの基本を知る】
AIの第一人者松尾豊氏とNHK「人間ってナンだ?超AI入門」シリーズの制作班が番組をもとにまとめた、AIの入門書。人間のパターン認識をもとにAIの仕組みや可能性についてやさしく解説しながら、人間の認知の本質、そして「人間とは何か」という問いに迫る。

・書籍『AI白書2020』
 
IPA 2020年2月発刊

【AIの最新動向を知る】
AIの最新動向を網羅した、指針となる1冊!加速する人工知能の社会実装。その鍵を握る規制や制度とは? AIスタートアップ・エコシステムは充実するのか? 技術から利用動向、政策に至るまで、AIのすべてを解説。
*非常にボリュームがある白書なので、「基本を知る」との重複部分があればその部分は避け、各章からトピックスをピックアップして読みます。

 
■3部  18:30~21:00 ひと・組織『スキル・働き方』

・書籍『仕事ができるとはどういうことか~スキルよりセンスがものをいう時代~』
 山口周・楠木健著 2019年11月

『ストーリーとしての競争戦略』の楠木建氏『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』の山口周氏が「仕事ができる」の正体を求めて新時代の仕事論について対談した書籍。センスを磨くにはどうしたらいいかまで対談は及ぶ。
山口周氏はJUASスクエア2020の基調講演に登壇予定。

 

 
お申し込み
トップページへ戻る