TOP > オープンセミナーを探す > OJT担当者のための現場で使われる早期戦力を目指す『OJT・教育マニュアル作成の技術』

OJT担当者のための現場で使われる早期戦力を目指す『OJT・教育マニュアル作成の技術』 (4119349)

□このページをPDFダウンロードする□簡易見積書をPDFダウンロードする

この講座では圧倒的な成果を得るために実践的な講義を行います。基本的な作成法を学び、講師の個別アドバイスを参考にして、講義中に自分の実施したい教育・訓練のマニュアルを作っていきます。

日時

2020年2月21日(金) 10:00-17:00

カテゴリー

共通業務(契約管理、BCP、コンプライアンス、人的資産管理、人材育成、資産管理)・セキュリティ・システム監査ヒューマンスキル

講師

丸山有彦 氏
( myコンテンツ工房代表:業務改革・文書コンサルタント )
1962年生まれ。専門学校にて講義およびテキスト作成に従事。同時に歴史研究者に師事し基礎研究法を学ぶ。その後、失語症の言語訓練を研究、渋谷失語症友の会副会長。訓練法を子供の作文指導、職業訓練に応用。その経験から新しい日本語の文法を構築する。現在、企業向けにビジネス文書、文章の指導を行っている。myコンテンツ工房代表。渋谷油絵教室代表。

参加費

JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)【受講権利枚数1枚】

会場

一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)

対象

後輩に仕事を教える人…OJTを行う人
組織に必要な教育を行う担当者
ノウハウをまとめたいと思っている人
社内を学習する組織にしたい人
中級

開催形式

講義

定員

30名

取得ポイント

※ITC実践力ポイント対象のセミナーです。(2時間1ポイント)

ITCA認定番号

ITCC-CPJU9484

ITCA認定時間

6

お申し込み

主な内容

OJTや社内教育で十分な成果を上げているでしょうか。もっと成果が上げられたらと思う人がたくさんいるはずです。この講座では、圧倒的な成果を得るために実践的な講義を行います。講義中に指導者用のマニュアルを完成させましょう。

組織にとって、学習は最重要のものです。成果を上げた訓練の記録は貴重な知的財産になります。この講義で基本的な作成法を学び、講師の個別アドバイスを参考にして、自分の実施したい教育・訓練のマニュアルを作っていきます。

マネジメントの発想に基づいた、目的・目標・手段を明確にする作り方を採用し、「誰に、何を、どのように」訓練・教育するかを考えるマーケティングの手法を使ったプログラムやルール作りをしていきます。

訓練や教育の実践法を文書に記述して、マニュアル化しておけば、自己検証ができるようになります。教育する人が一番学ぶということは知られています。リーダー養成にとっても、OJT・教育マニュアルは必須のツールになります。

ブログでの情報発信は以下です。
ご興味ある方は、こちらもご覧ください。http://mycontentslabo.com/



<内容>
1 OJT・教育用マニュアルの特徴
 ・業務マニュアル、操作マニュアルとの相違
 ・OJT・教育用マニュアルの役割
 ・マニュアルを作る価値:リーダーの養成

2 マニュアルの全体構想
 ・マニュアル作成までの流れ:短時間で作成可能な理由
 ・よくできた OJT・教育用マニュアルから学ぶこと
 ・「目的」「目標」を見出す

3 作成のポイント
 ・多様性のある指導:汎用性のある業務でも
 ・やる気が重要:その場で成果が見える項目作り
 ・優れた教師は少なく教える:少なく教えて成果を上げる

4 コンセプト作り
 ・学習の「目的」は何か
 ・「目標」の設定の仕方
 ・成果の測定の仕方
 ・成果を上げる「手段」の選び方

5 プログラムと指導方法
 ・理解のための基本的な方法
 ・「誰に」「何を」「どのように」
 ・プログラム作りのルール
 ・指導方法のルール

6 実践:マニュアルの作成
 ・各自が作りたいOJT・教育用マニュアルの作成
 ・個別チェックとアドバイス
 ・作成したマニュアルの発表とコメント
 
お申し込み
トップページへ戻る